音楽

8月31日

20200831_235509

ちょうど週末に届いたばかりYMOのライブアルバム

わたしの大好きな人達


高橋幸宏さん、脳腫瘍の手術を受けられてたと。

無事に終ったらしくひとまず安心。

元気な幸宏さん、また見せてください。

8月24日

書肆ハニカム堂ポップアップストア&夏の夕暮れに皆で切ない音楽を聴く会


御殿場のロバギターさんで

日曜日に参加した。

わたしはエントリーNo.8

切ない曲にまつわるお話をポイントをふまえてプレゼンしていった。

皆さんのプレゼンが素晴らしくて

わたしのちゃらいせつない話なんて薄っぺらすぎて

恥ずかしいくらい

でも、夏の終わりにこんなせつない曲をたくさん聞けてうれしいし

楽しかった。

そして同時開催、ポップアップストアでおなじみハニカム堂さんが

出張古本屋に来てくれた。

もちろんハニカム堂さんも切ない曲のおはなしを

これまたほんとにせつなくて、なんかほろりとしてしまうかのようだった。

そして、衝動的に自分のせつな話とリンクして買ってしまったこの1冊

20200826_083725682

じっくり読ませていただきますよ。

モノクロームという名の天然色

天候不良のため10月に予定していた土橋悠宇のワンマンライブが

延期されこの日を迎えた。

ワンマンとはいえ、スペシャルゲストに世界でも活躍している永原元氏を

パーカッションとして迎え

そして今回は朗読劇ということで、林由紀子さんがナレーションとして出演した。

脚本演出は、リンコロマスター小沢孝雄さん

タイトルからして『モノクロームという名の天然色』でピーンとくるものを感じ

なにか起こるのではと期待とワクワク感でいっぱいだった。

日曜日ということもありちょっと早めの開場はありがたく子供連れもいて

なんだかとてもほんわかした雰囲気で気づけば満員御礼だったらしい。

普段は場内アナウンスなんてないのに(笑)、

今回の演出劇らしく林さんの軽妙な語り口で注意事項が流れた。

いよいよ緞帳がゆっくりとあがりステージは始まる。

演奏が始まり、歌が流れる

彼の歌はもう何十回となく聞いてきているはずなのに・・・・

なにか違う

 

 

ちょうど3年前、駅前の小さな空き家で期間限定のカフェが出現し、

そこにギターを抱えた青年がぽつんと座っていた。

店主から「彼、自分で歌作ってんのよ。」と紹介され、

じゃあ1曲聞かせてよと

ずうずうしくお願いしたのに、

いやな顔一つせず、恥ずかしそうにでも堂々と演奏してくれたのが

「もみじ」だった。

あの時聞いた「もみじ」とこの時聞いた「もみじ」は

同じだ

ピュアな心のままの

素直な歌だ

でも何が違うんだろう

この3年の間に彼の中では、ありえないくらいの人と出会い、

様々な体験をしてきたことが体の中にすべて吸収された。

毎回会うたびに、悠宇は進化しているのだ。

(この間の時の方がよかったね。)

なんてことはない。

昨日より今日、今日より明日の方が日々進化しているんだ。

だからより一層この日の歌声が心に響いた

初めて聞くという隣に座った友は、

見終わった後、「全部よかった」と感動してくれていた。

それがすべてだね

君がフジロックに出た暁にはみんなで陣中見舞いに行かなくちゃ

ゲストに迎えた、永原元さんは、リンコロではおなじみのジャンベ奏者の第一人者。

元さんの演奏はとにかく元さんが楽しそうで、見てるこちらも楽しくて幸せになる。

最前列に座っていた小さい人が、足でリズムとってノリノリだったのを見逃さない。

とにかくこの取り合わせがよかったのは間違いないのだが、

いつもは一人で弾き語りでやっていた悠宇くんとはまったく違って

もちろん元さんのパーカッションも素晴らしくて

とても楽しくてよかったんだ。

1章、2章とステージの演奏が終わると照明を落として、

ステージ端のテーブルがポッとライトが付く。

ナレーションの林さんの朗読が始まる。

林さんの抑揚のある語り口で、ところどころ場面を替えさせ

目を閉じると情景を描くように創造を広げさせてくれる。

脚本を担当したリンコロマスター小沢さんの今回の

『モノクロームという名の天然色』

開場では大瀧詠一さんのインストウルメンタルがずっとかかっていた。

一目で大瀧詠一さんをオマージュしているものだとすぐわかったけど

しかし彼の頭の中のやりたい放題なカテゴリーがありすぎて

どれもわたしの頭ではとても理解 解決できそうになかった。

 

 

まだあげ初めし前髪の

林檎のもとに見えしとき

前にさしたる花櫛の

花ある君と思ひけり

 

やさしく白き手をのべて

林檎をわれにあたへしは

薄紅の秋の実に

人こひ初めしはじめなり

 

わがこゝろなきためいきの

その髪の毛にかゝるとき

たのしき恋の盃を

君が情に酌みしかな

 

林檎畑の樹の下に

おのづからなる細道は

誰が踏みそめしかたみぞと

問ひたまふこそこひしけれ

 

打ち上げで、お友達のウード奏者のたきこさんが、

これ活字で読んでみたいよね、と言ったので

聞いただけでは難解で

活字でも読むともっとイメージ膨らむかも?

と思ったが、やはり難しかった。

林さんは、「わたしはただ読んでるだけ。」と言われ

なるほどね

まあ、そのへんはマスターのやりたいことがぎゅっと凝縮しているのだから。

でも台本を読みながら、ここはどういう意味?これは本当の話?とか

知らない世界を知るのもまたよい

(でも翌日のTwitterでリンゴの秘密を知る。)

 

気づけば打ち上げもたくさんのお客さんが残っていて、

いつになく(ごめんなさい)盛り上がっていたなあ。

悠宇くんの人柄と人気が現れているんだな。

元さんのジャンベ体験も盛り上がってた

わたしは、カウンターにあったお寿司の宅配メニューに釘付けで

いつか食べたいと思っていたので、奮発して思わず注文してしまった。

帰ってから美味しくいただきました。(おまけついてた!)

また食べたい。お正月頼もうかしら。

朝から大忙しの一日だった

 

20191208_172847139

20191208_235829

20191208_174718078

20191208_17520709820191208_21071520191208_202304

1日限定ライブシネマ

20190923_160029

REBECCA BLOUND SAURUS TOUR'89

デジタルリマスター再現により、1日限りの

ライブシネマで上映。

TOHOシネマズ小田原にて

20190923_185706

ライブシネマにしては高いチケット。

でもやっぱりでかいスクリーンと音響で

デジタルリマスターなら観たいじゃん。

会場着くと、ほぼ同世代よりちょっと上かな?って

(いや実は若かったりして?)

まあとにかく若い20代30代なんてゼロに等しい

そして、おしゃべりが多い(笑)

興奮してんのか、性分なのか、映画館で珍しくでかい声の人

まあなんだか賑やかでいいか。

ライブはNOKKOのエロかっこいいキレッキレッのダンスパフォーマンスが

さえわたってた。

バレエで鍛えられた引き締まった脚で、縦横無尽にステージをかけまくっていた。

ドラムの小田原氏は相変わらず力強くて、カメラ目線やたら意識してるし、

Kb土橋氏は淡々としてるけどときたま見せる笑顔がチャーミングだ。

高校時代はバンドに明け暮れた。

レベッカのコピーバンドを組んだのは1987年

私はもう一つパンクバンドも組んでいたから、高校の文化祭では異例の2つのバンドをかけもちで

出演するなんてこともやってたり

格好もNOKKOを意識した髪の毛クルクル巻いて大きなリボンをつけて

スカートはひらひらして、高校生の一番の思い出だ

それも卒業と共にフェイドアウトしすっかりバンドのことも忘れかけていた。

1989年のこの東京ドームツアーは実は知らない。

たぶんその頃は東京で貧乏学生でそんなコンサートに行く余裕もなかったのだろう。

むしろ日本のロックはすっかり聞かなくなっていた。

2015年に、レベッカ再結成のニュースが飛び込んだ。

NOKKOはソロでもちょこちょこ活動しているのは知っていたが

バンドレベッカとして復活はちょっと懐かしくて、今この時で聞いてみたくなった。

年末の紅白に出場したのを見たらちょっとぐっとなった。

そんなんで、今回のライブシネマは見ておいて正解だった。

30年の時を経て・・・

しかし、改めてやっぱりレベッカの歌は難しかったんだな。

だけど明日はきっといいことあると信じてたいの

Maybe tomorrow

夏のヒトコマ

20190804_135902

20190804_135851

梅雨が明け

8月になったとたんにこの暑さ

少し暑すぎはしないか?

バスを乗り継いて、駅で電車を待つ。

本を持参したが照り返しの強いベンチではなかなか集中力がわかない。

電車の中では、隣の男性が貧乏ゆすりがきになり、

もう寝るしかなかった。

20190804_155048

静岡に到着

文化会館に行くまでの道のりが辛くて

思わず、ワインショップに駆け込む。

シュワシュワ、シャンパンをいただく。

はあ~生き返る。

オリーヴつまみにポリポリと、涼んだところで出発

20190804_171159_20190805145901

今宵のお目当て

山下達郎 PERFORMACE 2019

2年ぶりチケット当り

行ってきました。

3時間10分

ほぼぶっ通し!アンコールまで休みなし!

66歳

スタイルも声も変わらず

つい先日風邪をひかれていたけれど

そんなの微塵も感じさせない!

本当のプロとはこういうことだと見せつけられた。

44年300曲を作ってきたといっていた。

すごいことだよ。

本当にすごかった。

 

 

 

ライブハウス

20190728_140955

沼津のLIVE HOUSE Quars

初めてくるとこ

MOROHAのライブツアーに来た

MOROHA 3回目

ワンマンは初めてだ

友人の妹がMOROHA好きだということで

一緒に行くことになった。

娘と言ってもいいぐらいの歳の女の子と

一緒に行くなんておもしろい

趣味が一緒だと年齢差なんかまったく感じさせない

 

20190729_132306

この日は沼津のお祭り花火大会

行きの電車でもお祭りに行若者でいっぱいだった

今日の浴衣は

ライブだからギター浴衣にした

帯は乙女タイガー

しかし、会場はオールスタンディング・真夏・狭小

MOROHA

浴衣で行くもんじゃなかった

 

死ぬかと思ったよ

アフロが、最近倒れる人多いんでね。

って、あたしかと思ったよ!

ここで倒れたらひんしゅくの嵐だと思ったから

必死でこらえた(笑)

スタンディングの時はTPO考えよう

アンコールもなくてきっちり1時間半

UKの華麗なギター演奏に終始やられっぱなし

アフロの詩はほんといつも泣ける

終わってから、女の子とよかったね~と感激感動

お互いの余韻を残しながら駅でさよなら

キオスクで缶チューハイとアトレで焼き鳥とかたこ焼きとか

お祭りメニュー買い込んで沼津のお祭りを背に

電車に飛び乗った

 

 

 

 

映画

山下達郎さんのシアターライブが再上映されて、

さらに1週間延長されて竹内まりやさんのsouvenir the movieも

ということで

20190602_132131

行ってまいりました♪

まずは、まりやさん💛

今年年明けに上映されてからのアンコール上映

実はもうこれで4回目になる(笑)

しかし!何度見ても飽きないのはどういうことだ?

まりやマジック達郎マジックなのか?

本当にね~まりやさんがかわいいの💛

最後の方はいつもニコニコしちゃううんだ。

永遠不滅のあのポジションは絶対に揺らぎない。

そして変わらないスタイル。完成度高い!

見習わなければなあ~

20190602_152521_1

そして!7年ぶりのアンコール上映!

7年前

全然知らなかった。

あの頃はまだそんなにライブとか行かなかったし、

詳しくなかった。

達郎氏を聞き始めてたのは高校生の頃から

ラジオもよく聞いて録音してたな。

あの頃はとにかくいろんな音楽を聴きまくってたから、

その中の一つだった。

いろんな音楽が通過していった中で、達郎だけは日々の生活のなかで

必ず聞いていたし、どこかしらで流れてた。

テレビの主題歌だったり、CMだったり、アイドルの楽曲だったり。

とは言ってもすごーく好きだったか?と言われると自信はない。

ほんとうによく聞くようになったのはごく最近なのだ。

さてシアターライブ

実は5月に1回見に行っている。

その時はかなり席が埋まっていて、ぎりぎり予約できた。

(そのあとすぐにSOLD OUTになったけど。)

今回は、会期も延長されたので、かなり余裕で予約もできた。

隣同士がいないのがなによりゆったりしててよかった。

前回は日比谷だったけど、今回は初めて行く横浜ブルク13

桜木町駅から降りてすぐのアクセス楽ちん。

レストランもたくさんあったので、次回来たときはゆっくりしよう。

90分という凝縮されたなか素晴らしいライブ映像を見せつけてくれた。

音楽の力とはなにか

MCはほとんどなくずっと演奏が続いていたけれど

唯一、「希望という名の光」 の中でMCが入り

東日本大震災から1年たった時だっただけに

非常にずしんと心に響く話だった。

こみあげるものがあり涙が出た。

とにかく最高のパフォーマンスを見せてくれてありがとうと言いたい!

そして最高の夫婦だ!

まりやさんが言ってた、達郎さんは失いたくない大切な親友だと。

そんなことを言えるお二人は本当に素敵で素晴らしい。

いつまでもこの二人の歌を聞いていきたい。

この土日は西へ東へ忙しかったけど

せっちゃんも達郎さんもまりやさんも、素敵な時間を過ごさせてくれた。

そして、鉄道の旅は、読書も有意義な時間をくれた。

あ~楽しかった

 

 

 

せっちゃん

1週間ぶりでございます。静岡

ついそこの商店街で一箱古本市やったのが1週間前

20190601_161739

今日はここ!

静岡市民文化会館‼️

20190601_162425_1

じゃん‼️

20190601_161419

せっちゃん♥️

え?斉藤和義好きなの?

て、聞かれそうだけど

うん、好きだよ。

だって

ずっと好きだったんだぜ~

って(笑)

どうどもいいか(笑)

CD持ってないから、曲あまりわからなかったけど、どれもよかったわ。

フェスでは何回も見てるけど、フルで見るのは初めて。

せっちゃんは終始ゆる~い感じで淡々としゃべるんだな~

ギターテクは最高だし、なかなか面白かった。

最後、ミチロウって言ったのはグッときちゃったな😢

席も前の方ですごく見やすかったが、ちょっと前の人の座高が引っ掛かったな。

アンコール入れて約3時間

一人でぶっ通しだ。

色っぽいいい男だった。

あ、やっぱりギター弾く男の手が好き♥️

20190601_121103579

ライヴの前に先週食べ損ねた担々麺♪

むちゃ旨かった‼️

20190601_120726423

ビール頼んだらおつまみが♥️

20190525_101802_1

また来よう🎵

20190601_143750432

長八珈琲店でデザートも♪

ヒールの高いサンダルで行ったおかげで足がとんでもなく痛くなる。わかってたのに…

帰りの電車

沼津行きのホームライナーに乗っていいのかわからず、乗り過ごす。追加払えばよかったらしい。30分早く帰れたのに💦

結局、乗り換えで30分待ち

20190601_211954379

キオスクで買っといてよかった🎵リトルマーメイドでカツサンド買ってたから夜ご飯かわり。

駅に着いてから、タクシー待ち。後から来た若いお姉さん(酔っぱらい)しゃがみこんで必死にバッグのなかをなにか探してる。

ブツブツ言いながら…

その後見つかったらしく、スマホやりながらずっとブツブツ言ってる…怖い

あたしもそうかも…😅

気を付けよう😰

タクシー来たから退散



ダイスケ アザーガート

Img_20190505_062239_690 20190504_193646_004

ときすみマルシェから、着替えて御殿場リンコロへ。

アザーガートだいすけさんのワンマンライブ🎸

お誕生日が近いというけとで、お好み焼きで作った

バースデーお好み焼き‼️

この人の声は聞かせるね〰️❤️

 

susono花火大会

今年もsusono花火大会に出かけました~

今年はラッキーにも桟敷席のおこぼれをいただき

友達3人とそのお子ちゃまで行ってきましたよ♪

桟敷席の私のお目当ては・・・

Dsc_4719

この方!

うしろの猫沢さんの猫沢はるかさん!

いや~前からお会いしたいと思っていたから

ここで会えるとは感激ですなや。

180805083434405_deco

SNSでやりとりしてて、わたしのことは男だと

思っていたらしい・・・・(笑)

ツーショットは目つむってるし・・・

また11月に御殿場でライブがあるということで

これまた愉しみだにゃ



Img_20180805_103006_572

いつもの浴衣大好き3人組です。

今年もみんな個性的!


Img_20180805_102659_865

遊び心満点

より以前の記事一覧