書籍・雑誌

しずおか一箱古本市

20190525_100957

先週はしずおか一箱古本市

夏のような暑さ、ちょうど背中に日があたり暑いなか参加してまいりました。

20190525_101802

目の前は中華料理店でお昼は担々麺と心に誓ってたのに

20190525_141313

早々に閉めてしまいました😥

20190525_15064620190525_140710

30もの出店があると見ごたえもあり、回るのも大変!

20190525_120512

この日だけの特別バージョン

一箱クッキーかわいい。

20190525_121924_1

ちょうど3日前にオープンしたばかりの今話題のタピオカ屋さん。

すごい並んでた。

そんなにうまいのか?

20190525_191625

帰りにお店でも小箱古本市やってた、呉服屋さんに寄って、お買い上げ♥️

結局なんだかんだで、いつも売上より本をかってしまうのです😅

中島らも的

20190523_060928 20190522_183336

世が世ならば田口くんやピエールくんにお薦めしたい!

中島らも氏のことはあまり知らなかったし

たまにメディアに出てる姿にみうらじゅん氏と見分けがつかなかった。

2003年に大麻取締法違反で逮捕された。というニュースもまったく知らなかった。

2003年といえば、自分が人生最悪の年を過ごしていたので

まったくと言っていいほど記憶が欠如している。

とまあ、先日の御殿場の古本市で出店していた御殿場市在住のフリーカメラマンから

この本をいたくお薦めされたので購入した。

その前は、わたしはねこぢるさんのインド旅行記やその友達の吉永嘉明氏の本で

ドラッグの情報にまみれて、ほぼほぼ登場人物が躁うつ病なのである。

本の内容は、逮捕されて拘置所で拘留されていた期間の自らの体験記を

克明に描いている。

2月に逮捕され夏にはこの本を出版されているのだ。

きっと書き綴りたくて一気に仕上げたんだろうな。

薦めてくれたカメラマンも言っていたが、とにかく面白い。

いや面白いなんて不謹慎かもしれない。

悪いことをしているのだから。

氏は

拘置されてからドラッグの禁断症状もでて副作用も出始めてくる。

激しい頭痛が襲い脳溢血(になってたはず)寸前まで死の淵にたってた。

しかし、医者にもみせてもらえず薬ももらえず(唯一頭痛薬1錠だけだった)

本当に危機に迫った時、なにを思いたったのか?気功を始めるのだ。

いわゆる瞑想だ。

そんな荒行なことがまかり通るのか?と目を疑ったけど

どうやら本当らしい。本人の生きる気力が命がけの瞑想に続いたのだ。

よくぞそんな状況で落ち着けたものだ。

その後医者の診断で血圧が230もあがり、寸前のところで助かった。

自分の母親は血圧が200で倒れ深い後遺症でなやんでいるのに

この生命力と判断力には恐れ入った。

医者は250を超えて生きている人は見たことがないといっていたが、

きっとあれは臨死体験だったのではないか?と本人も書いている。

拘置所は真冬の2月に入っていたので、最初はとにかく寒くて凍えてた。

ところが人間は順応性が強くて、何日かすると平気になってくるらしい。

食事も、普段の食生活がまったく不健康そのものだったので、

拘置所のカロリー計算された食事はとても美味しかったらしい(笑)

おかげで太ったそうだ(笑)

もうひとつ興味深かったのが、男性機能が戻ったということ。

今まで不健康な生活から、健康的な生活サイクルにならされて

機能が戻ったらしいのだ(笑)

とはいえ、取り調べは何時間も続き、

精神的体力的にはしんどかったろう

自分の犯した罪を自覚し、反省するのである。

自分を取り巻く様々な人たちが関わり、どれだけ迷惑をかけていることに気付く。

しっかりと罪を償い二度とこんなことにならないように。

 

執行猶予付きの刑が確定し、社会復帰したらしいが

翌年、事故の後遺症により亡くなっている。

残念だ。もうすこし彼の作品を読んでみたいと思った。

 

 

温泉浴衣をめぐる旅

Img_20190514_064919_501_1

温泉浴衣をめぐる旅

 

伊豆極楽苑が紹介されていたので、思わず手に取りましたが

これを読んだら旅をしたくなる!

温泉浴衣がこんなにも面白く、かわいく、紹介されていて

浴衣が着たくなります!

宿の浴衣って着物好きなくせに、正直苦手で、

なぜなら、寝るときに寝相が悪くてひもはきつくなるし

はだけるし、寝起きの時なんかとてもお見せできないほどの

乱れっぷり!

でも、ちょっと浴衣の概念が変わるし、

旅館やホテルによって浴衣っていろいろあるんだ!って教えてもらいました。

さっそく旅に行きたい。

まずは、伊東のハトヤかな?

ハトヤの浴衣は買えるらしい。

 

そういえば、昔 母親が入院したとき
あの頃の病院では寝間着を着せていたんだ。
そのころ買ったガーゼの赤い柄の寝間着どこいったろ?

あったらそれ着てみよう。

 

ねこぢるさんとコーヒー

20190506_204112 

先日のごてんば古本市におもしろい本を見つけました。

ねこぢるさんの、インドの旅行記「ぢるぢる旅行記」

夫婦でインドを旅するレポートが面白おかしく漫画で紹介されてます。

とはいえ、中身はほぼ現地での気分爽快なやばい内容ばっかりですがね(笑)

インドへは若いころから行ってみたいとは興味本位では思っていたが

この漫画を見ると、いや~行きたいかな?

ヨガを長年やっているので、やはり聖地には行って

心も体も浄化されたい・・・なんて上っ面なことを言っても

所詮日本で、黙ってても水はタダで飲めるし、トイレは水栓だし

綺麗なお布団で寝れるし、なに不自由なく暮らしている堕落してしまった私には

到底・・・

(そういえば、建築関係の仕事をしている知り合いは、海外生活が長く、現場が終わるごとに

次の現場へ移動する。インドにも1年ぐらい行ってたのかな?単身赴任だったけど大変だったろうな~)

現地での怪しげブツは、ラリラリになってそのままどこかへ連れ去られてしまいそうなのに

無事に帰ってこられるねこぢる夫婦に順応性の高さに敬意を表するわ。

しかし、そのねこぢるさんは、この本の出版の翌年に自殺されている。

そのリアルタイムのころは知らなかったが

吉永嘉明さんの「自殺されちゃった僕」を読んでよくわかった。

 

20190506_204140_1thumb1

自殺する人、された人、

今生きてるわたしたちは、生きていることが奇跡なんだな

吉永さんのこの本、途中まで読んでて

しばらく封印してたけど、ねこぢるさんの本を手にしたことで

最後まで読み終えることができました。

でも、もういらない

手放そう。

 


ちなみに、この旅行記を買ったら、コーヒーがおまけでついてきました。

コーヒーはインドでは高級品。チャイの3倍はするんだって。

この古本を出していた海馬堂さんは、本や作家さんのエピソードに基づいて

食材をおまけでプレゼントしてくれるのです。

なんてアイデア!おもしろかったなあ。

一箱古本市

Received_1019011678260219

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
📕はじまりの森の一箱古本市📕
店主さん募集
~自然豊かな緑に囲まれた公園で、1日だけの本屋さんやりませんか?
大好きだった本や絵本、また誰かの手にその感動を伝えたい。
本が大好きな人が集まるこの場所で新しい出会いを広げてください。~
*はじまりの森の一箱古本市は、「はじまりの森 森と青空のマルシェ」と同時開催です。
【日時】 平成30年12月8日(土)雨天中止
     午前10時から午後15時まで
【場所】 裾野市茶畑 裾野市偕楽園
【出店料】 1500円 【募集定員】 15店
【応募締め切り】 11   月5日まで   定員になり次第締め切らせていただきます。
出店希望の方は、下記の内容をメールにて送ってください。
件名 「12/8はじまりの森一箱古本市出店希望 」
① お名前  
② ご住所   
③ 電話番号(携帯)
④ 屋号 書店名
⑤ 自己紹介100字以内(イメージ写真、HP、ブログなどあればアドレスも)
【出店内容】出店スペースは約幅2m奥行き2m。
箱は、段ボール、木箱、カバンなど素材は自由。
テント、いす、テーブルは各自で準備。また本以外の雑貨などを置くことも可能です。 
ただし、本がメインで雑貨は3割程度にお願いします。
食品飲料類、偽造品、など禁止。洋服などのリサイクルもおやめ下さい。
また出店料については、開催中止においても返金はできません。
*一箱古本市は2005年から東京 谷中・根津・千駄木で行われている
「不忍ブックストリートの一箱古本市」を参考にしています。http://sbs.yanesen.org/
申込、問合せ先  メールアドレス : susonohitohaco@gmail.com
すその一箱古本市
はじまりの森の一箱古本市    担当 中川泰子
「すその一箱古本市」Facebook /Twitter情報発信中!

面白かった本

Dsc_3578

出会い系サイトで70人と実際に会って

その人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

あっという間に読んでしまった。

長いタイトルと、出会い系というだけで、ちょっと

いかがわしいことを想像しがちですが、

本編いたって真面目。

まじめだけど、ものすごくするどく人間描写をとらえてて

読みやすくて、面白かった。

著者の花田さんの人柄や悩みの部分もとても共感するところもあり

人生どこでなにが生かされるかわからないよなーと

つくづく思うわけです。

彼女は単純に本が好きで、その膨大な読書量の知識の中で

人に勧めてみようなんてこんな発想あるだろうか?

まあ、そこにいたるまでは紆余曲折あったわけだけど

好きこそもののなんとかで、芸は身を助ける

いや、本は身を助ける?



わたしも人生もうすぐ折り返し

あれもこれもと手をつけてなにひとつ達成された試しがなく

周りには、コツコツとやり続ける人もいるし、

新しいことをチャレンジする人もいる。

私にはなにができるのだろう?

と振り返りますが、今までやってきた行動を振り返れば

それなりに悪くないと思えました。

すべてにおいて無駄なことはひとつもないだろうし

なにかにおいて秀でることはできなかったけど

少なからず自分の身にはついていることもあるし

誰かに影響を与えていることもあるかもしれない。

SNSのおかげで様々な人と出会えることもできたし

最近は子供のころからすきなことが、ちょっと開花したこともあったし

まあ、人生悪くないのかな?

と思えるようになりました。

ちなみにこの著書のなかで、実際にお勧めしている本

わたしも気になるので、少しずつ読んでみようと思います。

御殿場古本市

Img_20180422_091449

 御殿場古本市 

4月とは思えないくらいの夏のような天気で開催しました

お天気もよかったのか、たくさんの客様がお越しになり

あの商店街の一角がとても賑やかな一日になりました。

私は、呉服の正直屋さんの横での出店でしたので

一度やってみたかった着物で古本市にチャレンジ

座卓も持ち込み、笑点座布団で和の雰囲気を。

出店される店主さんは

京都や東京、静岡など、古本市のベテランさんばかりで

緊張しましたが、みなさんとてもいい人ばかりで

とっても和やかな雰囲気のなかでやれました

お友達も遊びに来てくれたり、差し入れくれたり、

ツイッターでやりとりしてた人とお会いできたり

結構遠くから来てる人もいて

古本ネットワークすごいなあと感心しきりでした。

そして出される本のラインナップもそれぞれ。

皆さん個性的

この日は、はこねのちだパンちゃんも出店。

開始と同時に行列ができてました。

私も開始早々に無事にゲット!

この日の着物の帯どめはちだパンにちなんで

パンのブローチを帯どめにしました

終わった後の打ち上げお茶会も盛り上がって

終始笑いっぱなし

主催の榊すいれん堂さんが作る横山鶏卵さんの卵のオムレツが

悶絶するくらい超うまうま

あっという間に9人分のオムレツを作っちゃった。

古本市ならではの話や嫌いな食べ物の話やなんだか

いろんな話で盛り上がってすごーく楽しかった!

初めてお会いする人ばかりなのに、なんだかとっても安心感

は、なんだろう?(笑)

Dsc_3407

その後解散して、

お泊りチームは夜古本市に繰り出していきました(タフ!)

わたしは、夜の街へ消えていきました・・・・

Dsc_3411あばら小屋にて

たのしかった~

主催の榊すいれん堂さん

商店街の、横山鶏卵さん、正直屋さん、ロバギターさん

お世話になりました!

ありがとうございました。

また機会があれば次回も参加したいと思います。

ぞうさん書店

Fb_img_1524372258184

同じ湯沢商店街の呉服屋さんのお友達が
撮ってくれた

着物は先日ちょうどこの斜め前のリサイクル着物屋さんで

買ったリサイクル品

着丈も裄丈もちょうどぴったりで

しつけが付いたままの未使用だったみたい。

富士山色のかわいい柄がお気に入りです。

帯の色と着物と帯締めとこの日はばっちりコーディネート

できました

そろそろ単衣でもいいかもね。






リリイ

1519966323412.jpg

タレント本とかフォトエッセイ本って

結構当たりはずれあるんで、失敗することが多いんだけど

これは買いです!

石田ゆり子さん

糸井さんのほぼ日でたまに犬とのエッセイを

読んだりして、すごく共感できる人だなあと

勝手に親近感を持ってた。

最近の活躍はご存知のとおりだし

とても素敵な歳の取り方をしているなあと

あこがれている。

歳はわたしより2つくらい下。

インスタでフォローしてるけど、飼い犬のゆきちゃんとか

猫のはにおとか、そのやりとりがとても楽しい。

しばらく表紙を眺めながらどうしようかな?と

思ったけど、はにおたちのシールが付録でついているので

つい惹かれしまった・・・(笑)

まだ全部読んでないけど

素敵だなあ

こんな素敵なおうちに住んでて

こだわりのある物たちに囲まれて

かわいいペットがいて

あとは素敵な恋人なんじゃあないのゆり子さん(笑)

とりあえずこの本を読んでから、家具の配置を替えようと

企んでいる私です・・・・・

本屋さん

Dsc_2768

近所の本屋さんのディスプレイが楽しい。

美術手帳のラインナップが美しくて。

町の本屋さん、どんどんなくなってきて

ここはチェーン店の大きい本屋だけど、

市内にある本屋はこことショッピングセンターに入っている店舗だけ。

前は、地元の小さい本屋さんは何店かあったけど。

さみしい限りだ。

幸い仕事の帰り道にあるここは、私のオアシスになっている。

本は楽しい。

何も買わなくても、立ち読みだけでも楽しい。

本のにおいが好きだ。

家には読んでいない積ん読本がたくさんあるけど

本を眺めるだけでも心が落ち着く。

だからほんとは手放したくない。

でも、いつまでも本棚に飾られるままよりも

また誰かの手にゆだねることで

その本の価値がまたあがってくれれば本だって

うれしいんじゃないだろうか?

Fb_img_1519283538948

3月10日(土)

はじまりの森の一箱古本市

やります。

場所は、裾野 偕楽園 

自然に囲まれたとても素敵な場所です。

奥には滝があったり。

27459068_1527163150730326_8892961_3

Fb_img_1519283533544


はじまりの森のフライヤーも

置いてもらいました。ありがとうございます。

戸田書店 リブレ裾野店 さん




白河夜船

http://shirakawayofune.com/

「0.5ミリ」で安藤サクラちゃんが、すっかり好きになってしまったので

この映画をやると聞いた時ぜったい面白いだろう!と

思ってた。

しかも、さらに大好きな井浦 新くんも出てるとなれば~

これは、絶対見に行かねば!と

今度の土曜日から封切り!

でも、たぶんゴールデンウイークまでは死ぬほど忙しいから

時間遅れで観れると思う。

その前に、原作を読んでみようかな?と

本屋にいったら1冊しかなかったので、すかさず買ってしまった。

ま、読むのも今忙しから、

連休明けで、旅に出たらゆっくり読もうと思ってる。

そのときまでの楽しみとして、とっておこう。

より以前の記事一覧