2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

書籍・雑誌

白河夜船

http://shirakawayofune.com/

「0.5ミリ」で安藤サクラちゃんが、すっかり好きになってしまったので

この映画をやると聞いた時ぜったい面白いだろう!と

思ってた。

しかも、さらに大好きな井浦 新くんも出てるとなれば~

これは、絶対見に行かねば!と

今度の土曜日から封切り!

でも、たぶんゴールデンウイークまでは死ぬほど忙しいから

時間遅れで観れると思う。

その前に、原作を読んでみようかな?と

本屋にいったら1冊しかなかったので、すかさず買ってしまった。

ま、読むのも今忙しから、

連休明けで、旅に出たらゆっくり読もうと思ってる。

そのときまでの楽しみとして、とっておこう。

80's

80's

表紙を見て即買い!

過去を振り返るのは嫌いだけど、

この年に吸収したものが自分の人生すべて凝縮してるような気がする。

VIVAYOU ATHUKI OHNISHI MILK ヒステリックグラマー

オリーブ ラフォーレ マルイ 文化屋 大中 ロンドンナイト

大好きだったものたち

読書ちう

わすれてはいけないこと。

考えなきゃいけないこと。

守らなきゃいけないこと。

知ろうとすること。

大事。

きもの


きものを習うと、いろいろなものに目がいっちゃう。

気づくと雑誌も増えて(笑)

いっぱい欲しいものがいっぱーい!heart01

気仙沼の「たかはし」さんの、うそつき衿と

キモノブラが気になるのです。




1401065798489

若い子向けのきもの屋さんで、

店員さんがあまりにかわいくて!

撮らせて~とお願いしちゃった(笑)

こんな風に着こなせてるのも若いからか?

かないくん展

かないくん展

友だちと待ち合わせまで時間があったので、

渋谷パルコで開催中の「かないくん」展

行ってきました。

ほぼ日かないくん展

ほぼ日の糸井さんの遺影?のお出迎えで入り口に入ります。

かないくん展

かないくん展

かないくん展

「死ぬとどうなるの?」

みんなそれぞれの思いを黒板に書いていました。

死ぬとどうなる?

死ななきゃわからないよ。

でも、死んだ人に会えるのかな?

会いたい人に会えるかな?

生きてるときにがんばったから、

「お前よくがんばったな。」って

頭くしゃくしゃしてもらって、ほめられたいな。

悲しい心のままで死んでしまうのは悲しい。

よく、天国と地獄ってあるけど、

いいことした人は天国。

悪いことした人は地獄。

地獄に行った人は、天国の人とは会えないかな?

あー私が地獄に行ったら地獄の人に会える?

なに書いてんだわたし。

かないくん展

幽体離脱したら、こんな風に見えるのかな?

大急ぎで見て回ったから、

あとから振り返り、

あとからじわじわくる展示会でした。

本の出会い


沼津でちょっと近くまで来たので、入ってみました。

店主の思い入れの入った厳選された本たち。

ちょっと懐かしく、かつ新鮮、わたしには知らない世界の

空間が広がっている。

割と直感を意識するので、最初にぱっと手にとったものが

あとあと気になるようです。

木皿 泉 さんのエッセイと、向田邦子さんの本

両方とも好きな作家。

レジに行ったら、店主のかたと 木皿ワールドの話で盛り上がりました。

ちょうどその前に、ご主人様が戻っていらして(またすぐ出かけましたが)

わたしは本に夢中でしたので、顔も見なかったのですが

後ろでご夫婦の会話がなんとも心地よかったのです。

奥様の話している内容に、やさしく返しているご主人。

なんてやさしい会話をするふたりなんだろう~

と、背中越しに聞いてしまいました・・・・

実は以前にも他のお店でお会いしていたのですが、

そのときもきさくにお話ししてくださりました。

もう覚えてない思ったのであえてお声もかけなかったのですが、

なんかとても幸せな時間でした。

ちょうど次の日が企画展ということで

ちょっとお忙しそうでしたが、とても居心地のよいお店でした。

また掘り出し物を探しに行こうと思います、

weekennd books

* 寒い夜に、おこたに入ってあったかいチャイを飲みながら

読書タイムが好き。

もしくは、あったかいお湯割り(笑)





Dsc_0500_3


鬱な時にはおすすめしません。

いとしいものを失った悲しみが全面に出過ぎです。

でも自暴自棄な内容が、少し共感を覚えます・・・・

重ねてしまいそうだけど、私は違う。

泣けた

Dsc_0047_2

泣きながら読んで

読み終わっても泣いた。

やさしい登場人物。

自分に照らし合わせようとしたけど

やさしすぎて全然ちがうや。

加藤せんぱいが

「世の中、あなたが思っているほど怖くないよ。大丈夫。」

いつも私が言ってる大丈夫って

ほんとうは私にいってもらいたいのかもしれない。

ギフはやさしい。

岩井さんもほんとうにやさしい。

とりまく人々すべてがやさしい。

テツ子さんのようになりたい。

わたしにも、わたしだけの言葉をだれかに

言ってもらいたい。

ほめる

Kimg1433_2
前から気になってたので、買ってみた。

ほめたつになりたい。

読書

4847090586

今読んでる本です。

3・11の時に活躍した災害救助犬のお話です。

著者の桜林美佐さんは、防衛ジャーナリストです。

以前にラジオでお話ししていたのを聞いて、

お若いのに日本の防衛のことをとても詳しく

とてもわかりやすくお話してくれてました。

この金剛丸のことは以前ニュースでも取り上げられて

いたようですが、

この中で、捜索活動中、人間は靴を履いているから大丈夫

だけど、犬は素足のままだから、ガラスの破片などで傷つき

血だらけで生存者を懸命に探していたそうです。

また災害救助犬になるための訓練の厳しさなどが書かれています。

残念ながら金剛丸は亡くなってしまいましたが、

救助犬という存在を改めて認識したのでした。

より以前の記事一覧

chacha

  • 20130113_083619.jpg
    平成15年7月に妹のグリと一緒に我が家の一員に.。 平成25年1月12日天使になる。享年9歳