2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2023年4月15日 (土)

4月14日

人を外見で判断する人

身近で聞いていてとても不愉快である。

だまっているとますます調子にのってくる。


なんなんだよ、

小さい方の○げ

とか

大きい方の○げって

あと

電話口で受付の人に、○げいる?

って

失礼極まりない

相手の会社の人にどう思われてるのか

考えたことあるのかな

デリカシーのない人間に

モラルを問いただしても無駄なのか

本当に人として最低である。

2023年4月 6日 (木)

4月6日

2日の日曜日の夜、坂本龍一氏が3月28日に亡くなったと訃報がニュースに飛び込んできた。

 

1月には高橋幸宏氏が亡くなり、喪失感がまだ癒えていない矢先の訃報。

ああ、これで一つの時代が終わり、彼らは歴史の中に残されていくんだな。

 

ただ一人、細野晴臣氏のことが気がかり。

日本中、いや世界中の細野ファンが心配してるかも。

でも、彼のあのひょうひょうとしたスタイルで、すぐ姿を現してくれると思う。

またラジオでしんみりしちゃうな。

山下達郎氏も今度のラジオでなんていうかな。

 

水曜日の早朝、トイレに起きたら目がぐるぐるまわった。

めまい

あれおかしい、立っていてもふらふらする。

これ、やばいやつ

血圧はかったら160・100

とりあえずもういっかい寝よう。

と、7時過ぎに起きたが改善せず。

車に乗り込むも頭がふわふわする。

これはだめだと、会社は休み。

しばらく休んで病院に行った。

とりあえず脳外科に行くほどでもなさそうで

めまいの薬をもらってきた。

疲れ、ストレス、いろんな要因があるみたいだけど

あまり改善さえなければ耳鼻科へ行ったほうがいいとのこと。

ちょっと無理はせずにおとなしくしようと思います。

2023年4月 1日 (土)

3月31日

はんこの位置が悪いと怒られた。

ほんとにこの位置が悪いのかわたしにはわからない。

なんでこの人はいつも自分の正当化を

頭ごなしに圧力で抑え込むのだろう

感情のままに人を怒鳴りつけることに

なにも解決しないのに


友だちにはいたら、反論してくれて少し気がおさまったけど、

布団に入ったら思い出して眠れなくなる

2022年2月24日 (木)

やっぱりここが好き

ご無沙汰!

もうブログやめちゃおうかな~って

何度も何度も思いながら、やっぱり帰ってきちゃった。

色々整理しました。

またつまらんことをほざいていきます。

見る人いないけど。

2021年9月25日 (土)

9月25日

20210925_161219

サマーオブソウル

50年たって世に出てきた貴重なライブ映像

歴史や差別に翻弄されても

音楽は私たちに問いかける

1969年のウッドストックの裏側で

ニューヨークハーレムで行われていた音楽フェス

すげーよかった。

ニューヨーク市長かっこよかった。

この人がOK出さなかったらできなかった。

コロナで昨今フェスの在り方が問われているけど

主催と行政との信頼関係って大事なんだよな

クラスターは嫌だけど

みんながちゃんと秩序を守れば、決して危険ではないと思う

 

20210925_152138

20210925_152127

ラーメン田ぶし

濃厚白湯ラーメン

映画のチケット半券みせると

餃子が半額!

これは頼むよね~

2021年9月24日 (金)

9月24日

猫が落ちてる

20210924_111950

午前中、母親を病院に連れていく

先日も足が痛いので整形外科へ連れてレントゲンも

撮ってもらったが骨には異常なし。

痛み止めの薬と湿布をもらって以上。

今日はかかりつけの脳外科で定期検査

MRIを撮って、まだ足が痛い、歩けない、と説明するも

最近はちゃんとうまく話せない。

質問されたことにちゃんと返事を返せず

的外れなことを言ったりする。

代わりに説明することが多くなってきた。

いや、これは今に始まったことじゃない気がするが

とはいえ私も質問と答えがあっていないことはあるし・・・

結局ここでも、特に異常はなし。

先生に言われたのは

太っていると足に負担がかかるから

 

「あと5キロは痩せなさい」と

一発かまされた。

言われた本人、ぽかん

いまいち理解してない。

あんた、今痩せろって言われたんだよ。

結局どこも悪くないし、手の施しようがない。

言われたことは「痩せろ」の一言

うすうす感じてはいたが、娘に言われるより

先生に言われたほうが聞くだろう。

歩くのがしんどいから、体を動かしていないし

家にいてもぼけーっとテレビ見てると思ったらうたた寝してるし

そのくせ朝早くから起きてる。

(昼間寝てるから当たりまえか)

片麻痺なので人の何十倍も時間がかかってしまう

それでも極力手を出さずに自力で動いてきてもらっていたが

最近はほんとに力が入らなくて動きが鈍い。

週一日のデイサービスを行き始めて

他人と接することもできたので、これはいい傾向。

介護士のみなさんは、本当に優しく神。

娘はちっとも優しくないからね。

車いすも購入した。そのために車も新しくした。

車に乗りやすいように踏み台も用意した。

家の中ではキッチンワゴンを台車代わりに使っている。

いままでは障がいの体で向き合ってきたが、日常生活はさほど問題なかったが、

もうこれからは介護の手を借りるようになってきたのだ。

本当に日々子供のように手がかかることが多くなってくる。

さんざんいままで苦労させてきた分の恩返しか

もうすぐ誕生日が来る

そして免許証も返還する日も近づいてくる。

愛車ともおさらばしなければいけない。

寂しいけどね、本人が一番つらいね。

でもしょうがないね。

2021年8月29日 (日)

8月29日

Img_20210830_122159_827

丸木スマ

70歳で開花した絵心

わしゃ今が花よ

70歳から描き始めた絵

その独創的なデッサンと色使い

明治と大正、昭和と激動の時代を生きてきた一人の女性としての人生の集大成としての現れだろうか?


私にもこんな絵心がほしい

Img_20210830_122159_966

Img_20210830_122159_746

2021年7月28日 (水)

7月28日

20210725_100452熱い夏の一時

東京オリンピックがはじまった。

直前まで右往左往、問題だらけの開催だけど、

やはり選手達の素晴らしいプレイに心躍る。

なかでも先日、我らの地元、静岡県裾野市御殿場市小山町が舞台になった自転車のロードレースは迫力満点のすごいものを見させてもらった。

Img_20210725_080405_020

目の前を世界のアスリートが風のように通り過ぎていった姿に感動とともに、これを支えるたくさんの人達のおかげで成り立っていると考えるとよくやったなと思う。

オリンピックパラリンピックはまだ9月あたままで続く。それまで何事もおきないように祈りたい。

コロナ感染者は増える一方だから。


2021年7月13日 (火)

7月13日

20210714_132025

文芸ユニット るるるるん さんの小説集読了!

書いている人たちは

UNIさん

かとうひろみさん

3月クララさん

お題は冷蔵庫

おもしろかった。

 

冷蔵庫というキーワードの物語はそれぞれの世界に引き込まれる。

 

UNIさんの「おいていかれたから」を読んで

わたしは、待ち合わせとか決められた場所に初めていくときは、地図を何回見ても方向がわからなかったり

曲がる道を間違えたりして結構道に迷う率が高い。

そのくせ帰り道はまっすぐ来ればよかったのか!と思いのほか近かったことに気付く。

主人公の女性も難解な地図とともにやっとの思いで待ち合わせ場所にたどりついたものの、帰りは駅からすぐ近くだった。

どうしてそうなるのか?やはり左脳と右脳の違いのせいなのか、地図が読めない自分にほとほと嫌になる。

いや、話はそういうことではないと思うのだけど、透明の冷蔵庫が話に出てくる。

よく飲食店に缶ビールとかジュースとフルーツが入っているあの冷蔵庫。

20代前半の頃、私もその透明な冷蔵庫を持っていた。バイトしていたお店で使わないからともらってきたのだ。

そのころは部屋のインテリアとかもちょっとこだわっていたりおしゃれな雰囲気にあこがれていたので

喜んで引き取った。早速冷蔵庫に、フルーツを入れたり、瓶ビールを入れて飾って楽しんでいた。

が、数日後、仕事から帰ると床がびちゃびちゃなのだ。

何事か?と思ったらその冷蔵庫から排水の水がたれ流れているのだ。

本当は受け皿があるはずだったが、どうももともとなかったらしい・・・あやうくシミになるところだった。

しょうがないのでちょうどいい皿を下に置いていたけど、思いのほか水のたまりが早い。

そして電気代が一気に増えた!

元々部屋には普通の冷蔵庫があって十分それだけで事は足りていたのに、余計なエネルギーを使う羽目になっていたので当然のことだ。

当時、わたしは彼氏と同棲していて、ちょっとそのおままごと感覚を楽しんでいたのだが、

二人の仲が冷めるのと同時にその透明の冷蔵庫も不要になってしまった。

結局電源を抜いて、しばらくはストック用の置き場になっていたが、そのうちただの邪魔者になり、

わたしがその部屋を出ていく時はその冷蔵庫は置いていった。

はたしてその後のことはわからずじまいだが、

あの時暗がりの部屋の中でブラックライトに照らされた綺麗な冷蔵庫を

眺め、飲み明かしたことは今でも思い出す。

そしてゴオオ~とうるさかったことも。

 

 

 

2021年6月 8日 (火)

6月7日

秋に向けて動き出す。

いつまで続けられるのかな。

一度は逃げ出してしまったけど、結局自分の居場所はここなんだと感じる。

コロナで悩んでいる人に慰めの言葉が見つからず、なにをどうしたらよいのかわからない。

自分が楽しめなければ楽しめる場所も作れない。


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー