2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月31日 (木)

3月31日

年度末

あちらこちらであいさつ回りでなんとなく気ぜわしい。

明日から新しい年度に代わるんだな。

なにがどうってことはないのだけど、

春になると新しい始まりになるのがなんかうれしい。

とはいえ、この辺は3月4月とはいってもまだまだ寒さが続くので

うっかりこの時期に体調を崩すと大変なことになるので

気が置けない。

でも自然界は着実に春の訪れを感じさせて、

いつもの通勤路や見慣れた道のあちこちで桜の花が満開に

なってきている。

最近はちょっとはっきりした天気にならないから曇りがちな空なんだけど

桜やいろいろな花が道端を色づかせてくれているので

気分がとてもいい。

休みになったら散歩したいな。



さて、はじまりもあれば別れもあり。

地元の駅の商店街のお魚屋さんが70年の歴史に幕を閉じた。

失礼ながらその魚屋さんは存在こそ知っていたが、

一度も行ったことがなかった。

20数年住んでいて。

まず、車が停められなかったこと。

魚屋さんで魚を買ったことがなかったこと。

いちげんさんは、ちょっと入りづらかったのが正直なところ。

でも、そこの娘さんが閉店する10日くらい前からインスタグラムを始めた。

その前にも知り合いがSNSで閉店するらしい。とは見ていたけど、

その時も、別に「へ~」って感じだったんだ。

でも娘さんのインスタを見て、娘さんが仕入れに行って、お母さんが仕込みをしているその様子や

丁寧な仕事ぶりの様子を見て、わあ~行ってみたい!って即思ったのです。

なにより魚がおいしそうで!

そんな閉店するから興味本位でのこのこ行ってなんて言われそうで申し訳なかったけど

行ってみたら、お二人ともとても気さくで、お母様の美しい包丁さばきがなんとかっこいいこと!

いろいろ悩まれた上での閉店でしょうが、日々閉店を惜しむお客様が訪れているようで

その店の歴史を感じます。

この1週間で3回!通わせていただきました。

お刺身、本当においしかった!念願のエビフライも!

お疲れさまでした。またどこかで会えましたら、お元気で。

ありがとう。

SNSのおかげです。

 

20220327_175421

20220331_12125220220330_152121

2022年3月23日 (水)

3月23日

まったくもって、最近は口がまわらなくて

思うように言葉が発せられない。

そして思い出せない。

やばい

わたし認知症になっちゃう。

本の紹介をするのも、全然練習もしてなかったから

頭のなかで描いていたことの半分も発揮できなかった。

もっと自分の言葉でしゃべりたい

そのためには

本を読みなさい

・・そうだよな~

声を発しなさい。

わかっとる

ワーニャ叔父さんのように

戯曲のセリフを発声練習するといいかもね

2022年3月22日 (火)

3月22日

昨日は、インドへ引っ越すことになった古本友達のたきこちゃんの送別会をかねた

遅い新年会を開催した。

場所は、いつもお世話になっている御殿場のライブハウス「RINCOLO」さん

こんなご時世なので、工夫を凝らして貸し切り営業なんかをしてくれる。

ライブハウスも生き残り大変なんです。こんなことでも力になれたら・・・

参加メンバーは、私ぞうさん書店、ルーテン堂さん、古書オンリッジラインのまこちゃん、

えんこ文庫のちばえんさん、

そして

BOOK SERIZAWAの たきこちゃん。

当日は、みんなの推しの本を1冊紹介しましょう。ということで本を持参。

どういうわけか、一部のひとには交換会というフレーズで伝わっていたらしいが、

いや紹介するだけですって。

たまたまこの日は、御殿場滞在中のマイクロアートワーケーションプロジェクトの

鮫島弓起雄さんと台湾出身のエリリャオさんが、面白そうということで

飛び入り参加です。

さて、堅苦しいことは一切なしで

食べたり飲んだりしながら、近況話や、今度行くインドの話とか、旅の話とか盛り上がったと

思ったら、エリさんはミュージシャンということで、リンコロマスターが三線を用意してくれて

急遽、演奏してくれることに。

沖縄民謡と台湾の歌を歌ってくれました。なんかね、エリさんの声がね、いいんです。

とても

その後もサプライズがあったり・・・

それでもって、今度は

岡田忠成のこんじょうるりの鑑賞会が始まりました。

映画はいよいよ最後のクライマックスのところで、

まさかのお子様がこわ~い!と逃げ出す!

あああ、まさかおこんじょうるりでトラウマになるとは・・・・

少し早すぎたかな・・・

その後、やっと本の紹介を一人ずつ始まりました。

いや~みんなそれぞれ個性的でおもしろくて

ネタもってますね=

1つの本からいろいろな話題につながる。

みんな博識でほんとに刺激もらえるし楽しい。

少数民族、旅、希望と絶望、ウクライナ、チェルノブイリ、口琴、鼻笛

谷口ジロー、漫画、映画、カルトムービー、ギブアンドテイク

思いつくまま話題になったことを書き連ねていく。

忘れてしまうにはもったいないほどの濃密な話ばかり。

ルーテン堂さんは、裾野のイベントで興味を持ってくれてから

一緒によく参加してくれるようになり、

水を得た魚のように、第2の生きがいを見つけたかのようだ。

まるで楽しくてしょうがない感が溢れ出ている。

そして今度は新たな商売で荒稼ぎ始めている(笑)

古本市でディスプレイ用の本棚を手作りしてしまうほど器用な方だ。

ちなみに自分のイベント用の本棚もルーテン堂さんに

作ってもらった。

そして最近始めたのが、写真立てならぬ文庫本立て。

お気に入りの文庫本を飾っておくケース。

こんなものを作ってしまうほんと曲者。

SNSをやらないといいつつインスタを始めてから、

まったく一般人には到底理解できないほどのサブカル大好き全面に

アピール度が激しく、すっかりはまっているじゃねえか。

ということで見せつけられてしまったので、頼まずにはいられない。

彼のもくろみ通り、まんまと他の人もお買い上げとなってしまった。

やりよる・・・

それから、たきこちゃんのお誕生日が最近だったので

誕生日ケーキを用意したり、

エジプト音楽のウード奏者でもある彼女の演奏会で締めくくり

最後は、エリさんと口琴でコラボしていた。

話は尽きなくて、最後まで名残惜しくて

気づいたら6時間近くいた。

帰りのバスの時間もあり、急いで解散したが

本当に濃いい、いい集まりだった。

なにか共用できる仲間がいるというのは本当にいいものだ。

古本市というきっかけがなければ深く知り合うこともなかったかもしれない。

これからもそんな出会いを大切にしていきたい。

リンコロマスター、場所を貸切してもらいありがとうございました。

Img_20220323_062142

20220321_193308

20220321_184509

たきちゃんはインドへ行ってもきっと好奇心の塊だから

ただでは帰ってこないでしょう。

2年?なんてあっという間

また元気に会おうね!

2022年3月18日 (金)

3月18日

お茶くみが苦手

てか嫌い

人にお茶を入れるのが嫌い

会社で入れるお茶が下手

なんでかな

自分のために入れたお茶はおいしいのに

家で飲むお茶もおいしいのに

会社でお客様に入れるお茶はまずい

極めつけは社にまずいと言われた

へこんだよ

わたしお茶がまずいんだよ

それはあれよ

おんなとしてどうよ?となんかレベル落とされたような

いや、いまどきお茶くみとかの時代って思うけど

お茶がまずい

だから

思い切って古い急須を捨てて

新しい急須を買ってきた。

口が広くて網もついてる。

お茶っぱも同じの使ってたけど

やっぱり新しいのにして入れてみた。

うん

これならいいかな。

と納得した今日この頃

ま、どうでもいいわね、こんな話

20220323_130206

これ最近お気に入りのボトル。

注ぐタイプ、これなら熱くても飲みやすい。

2022年3月14日 (月)

3月14日

先日自分が受けた電話がとても不快で理不尽でとても悔しい思いをしました。

しかもあからさまに自分の態度と担当の男性と態度が違うということでした。

ショックでした。

内容については特に申しませんが、

令和のこの時代になってもまだこの期に及んで私たち女は不当な理不尽な扱いを

されなきゃいけないのか

と思うのと情けなく悲しく、とても傷つきました。

そうしたら、昔20代の頃にも同じような嫌なことをされたことを思い出しました。

どんなに男女平等を繕ってきても、根本的に根強い意識がある限りなくならない。

社会の中で生きていくのは、なにかを犠牲にしなければいけないのだろう。

女であることがそんなにも手段になることなのだろうか

もちろん男女に限らす世の中の不当な扱いがあるのは拭えません。

パワハラセクハラモラハラ、ありとあらゆる苦痛がはびこって

本当に生きづらい。

自分だけがつらいのではないけれど

少し、思いやりと優しさと心の余裕を持ってほしいのです。

怒鳴るだけが人を操るツールではない。


そういえば、ラジオを聞いて

和泉悠さんの「悪い言語哲学入門」が気になる。

買ってみる。

peace

 

2022年3月10日 (木)

3月10日

朝っぱらから見なきゃよかった。

公開2週間前になって映画監督の不祥事で公開中止。

監督が複数の女性に対しての性的な強要行為が発覚

被害の女性たちが週刊誌に訴えたとの。

この映画、主演の女優さんが気になっていたので、ぜひ見に行こうって

期待していたのに。

胸糞悪いのが、まったくまだこの令和の時代になっても

権力に物言って弱いものに対して圧力をかけようとする。

しかも暴力で。(読まなきゃいいのに)被害にあわれたかたたちの

内容がほんと反吐が出るほどひどい。

これは被害届を出したほうがいいのでは?

犯罪じゃねーか。女性は、自責の念にとらわれ悪いのは自分なんだと逆に

思われていないか。でもこうやって新たに表ざたになることでセカンドレイプにように

ならなければいいが。

勇気ある告発にきっと今後の業界が変わっていくことを願う。

こんなこといつの時代でもある話だ、とはもう片づけられないよ。

 

作品には申し訳ないが、もう見ることはないだろう。

地獄に落ちやがれ

peace

2022年3月 9日 (水)

3月9日

週に2回、私は早起きをする。

朝4時半に車で出かけて1時間ほど一仕事する。

帰ってから元気ならばそのまま起きて、お弁当を作ったり

出社するまでの時間を費やすのだが、

冬の間はどうにも寒くてもう一度布団に入って2度寝してしまう。

またその2度寝が至福の気持ちよさと、寝起きは最悪の心地悪さなのである。

今朝も4時半に出かけラジオでニッポン放送のうえちゃんのあさぼらけを聞きながら

真っ暗い中車を走らせる。

玄関を出てピーンと寒さを感じるのだけど、

心なしか空気が違う。

春かな・・・

一仕事終えていつも通り帰ったけど、久しぶりに机にむかい書き物をした。

ちらちらと外が明るくなり、日が昇った。

春よ来い

早く来い

peace

 

20220308_182424

ガソリン高いねぇ…

2022年3月 7日 (月)

3月7日

20220227_094850

週に1回、母はデイサービスを利用している。

朝お迎えが来て、帰りも玄関の中までちゃんと

送ってくれる。

お世話をしてくれる介護ヘルパーさんは日によって担当が違うが

よく付いてくれるのが若い女性のヘルパーさんが、やさしく親切にしてくれている。

日頃、娘は口も聞いてくれないし、優しくないし・・・・

お昼休みにたまに遭遇するのだが、本当に優しい口調でかわいらしい。

●●さん(母の名前)ほら、あともう少しよ、よいしよいしょ♪♪♪

じゃあまた来週ね、バイバイ~

小さい子供を諭すとはちょっと違う、それなりにちゃんと目上の大人の人を接しているが、

的確な指示をしたり、要件をはっきり言う。

ちゃんと教育されているんだろうな、と感心させられる。

圧倒的に超々高齢化社会に入っているこの現代で、

介護の仕事をされている方には尊敬と感謝しかない。

よく聞く、ヘルパーさんに対しての暴力や差別的行動やセクハラや

そんなことする年寄りは許せんが、そんな人ばかりでないことを思いたい。

なかなかデイサービスに行くのをためらって拒む高齢者もいるらしいけど

無理していくこともないけども、自分のためばかりではなく、家族のためでもあるよ、と思えたら

いいのにな、と思う。

長く生きてきたのには意味がある。

今生かされているあなたの命は本当に尊い

2022年3月 5日 (土)

3月5日

 

土曜日は母親のリハビリの日

月に2回ほど理学療法士の先生にリハビリをしてもらっている。

今日は帰りにうなぎを食べようとなり、

岩波の「きんかぶ」へ

20211108_130110

去年の秋ごろにランチに食べにいったのだけど

美味しかったのでまた行きたいとずっと思ってた。

そしたら、きんかぶ3月いっぱいで閉店!とニュースが飛んできて

ショックなのと残念でいっぱいだった。

オープンしたころは、岩波駅が活気づくころで

おしゃれでおいしい居酒屋で、よくパートナーと行ったものでした。

仕事の仲間や友達同士でもほんとよく飲みに行った。

いつしか、飲みに行く回数も減ってしまうと

足も遠のいてしまった。

そしてコロナのおかげで営業自粛でますます行きづらくなってしまった。

せめてものじゃないけど、食べに行けるときは行こう。

今年になってから立て続けに地元のお店がたたんでいる。

せめて普通通りに営業を戻してもらえたら、

切に願います。

 20220305_115533

親子で食べたうなぎ丼

ボリュームちょうどよし。

あと単品でカキフライも。

美味しかった。

今更だったけど、お店は段差のないバリアフリーで

お店の方も親切にしてくれて母もとてもうれしそうでした。

もっと早く連れてきてあげればよかったね。

20211108_123200

これは、前回食べた煮魚定食。

これも美味でした。

あともう1回くらいいけるかな。

 

 

 

2022年3月 2日 (水)

3月2日

20220218_172108

母が3回目のワクチンをしましたが、

副反応が辛そうです。

自分のも申し込み用紙が届いたので

申し込みました。

いやだけど。(注射きらい・・・)

まんぼう開けたら飲みに行ってあげたいお店たくさんあるし

なんとか日常を再開できるように

自分たちができることをやるのみ

って言ったって限界もあるけどね・・・

2022年3月 1日 (火)

2月28日

誰かにおもいきり話をしたくて


毎日

おなじことの繰り返しだけど


家にいたって、家族とははなしがあわないし


仕事なんかクソおもしろくないし

パワハラモラハラ当たり前だし

はやくこんなクソみたいな

日常を脱したい


そんなどうでもいいわたしを

包み込んでもらいたい


おもってた

わたしです。


戦争反対

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »