« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

しずおか一箱古本市

20190525_100957

先週はしずおか一箱古本市

夏のような暑さ、ちょうど背中に日があたり暑いなか参加してまいりました。

20190525_101802

目の前は中華料理店でお昼は担々麺と心に誓ってたのに

20190525_141313

早々に閉めてしまいました😥

20190525_15064620190525_140710

30もの出店があると見ごたえもあり、回るのも大変!

20190525_120512

この日だけの特別バージョン

一箱クッキーかわいい。

20190525_121924_1

ちょうど3日前にオープンしたばかりの今話題のタピオカ屋さん。

すごい並んでた。

そんなにうまいのか?

20190525_191625

帰りにお店でも小箱古本市やってた、呉服屋さんに寄って、お買い上げ♥️

結局なんだかんだで、いつも売上より本をかってしまうのです😅

GSG

20190526_132305

20190526_112155

御殿場スパークリングガーデン 通称GSG

今回で3回目。

御殿場の人気のリストランテや居酒屋がとっておきの一品を出し

青空の下、おいしいスパークリングワインを愛でる最高のイベント!

友達も増えてわいわい楽しく飲んで食べて

今回もお着物

セオαでさらさら気持ちいい。

今年は着付け師k子も着物で参加で楽しいうれしい。

4人で撮った写真が切れているのは

カメラマンY田がわざとやりやがったー!(笑)

普段、飲食店をやってる友達はなかなか休みらしい休みもないので

毎年これをお休みにあててとても楽しみにしている。

子育て中のママもこの日はベビーシッター頼んで

思いっきり羽をのばす。

わたしは単純においしくお酒を飲み、友達とバカ話をするのが楽しい。

たまにはいいよ、昼飲み最高じゃん。

 

中島らも的

20190523_060928 20190522_183336

世が世ならば田口くんやピエールくんにお薦めしたい!

中島らも氏のことはあまり知らなかったし

たまにメディアに出てる姿にみうらじゅん氏と見分けがつかなかった。

2003年に大麻取締法違反で逮捕された。というニュースもまったく知らなかった。

2003年といえば、自分が人生最悪の年を過ごしていたので

まったくと言っていいほど記憶が欠如している。

とまあ、先日の御殿場の古本市で出店していた御殿場市在住のフリーカメラマンから

この本をいたくお薦めされたので購入した。

その前は、わたしはねこぢるさんのインド旅行記やその友達の吉永嘉明氏の本で

ドラッグの情報にまみれて、ほぼほぼ登場人物が躁うつ病なのである。

本の内容は、逮捕されて拘置所で拘留されていた期間の自らの体験記を

克明に描いている。

2月に逮捕され夏にはこの本を出版されているのだ。

きっと書き綴りたくて一気に仕上げたんだろうな。

薦めてくれたカメラマンも言っていたが、とにかく面白い。

いや面白いなんて不謹慎かもしれない。

悪いことをしているのだから。

氏は

拘置されてからドラッグの禁断症状もでて副作用も出始めてくる。

激しい頭痛が襲い脳溢血(になってたはず)寸前まで死の淵にたってた。

しかし、医者にもみせてもらえず薬ももらえず(唯一頭痛薬1錠だけだった)

本当に危機に迫った時、なにを思いたったのか?気功を始めるのだ。

いわゆる瞑想だ。

そんな荒行なことがまかり通るのか?と目を疑ったけど

どうやら本当らしい。本人の生きる気力が命がけの瞑想に続いたのだ。

よくぞそんな状況で落ち着けたものだ。

その後医者の診断で血圧が230もあがり、寸前のところで助かった。

自分の母親は血圧が200で倒れ深い後遺症でなやんでいるのに

この生命力と判断力には恐れ入った。

医者は250を超えて生きている人は見たことがないといっていたが、

きっとあれは臨死体験だったのではないか?と本人も書いている。

拘置所は真冬の2月に入っていたので、最初はとにかく寒くて凍えてた。

ところが人間は順応性が強くて、何日かすると平気になってくるらしい。

食事も、普段の食生活がまったく不健康そのものだったので、

拘置所のカロリー計算された食事はとても美味しかったらしい(笑)

おかげで太ったそうだ(笑)

もうひとつ興味深かったのが、男性機能が戻ったということ。

今まで不健康な生活から、健康的な生活サイクルにならされて

機能が戻ったらしいのだ(笑)

とはいえ、取り調べは何時間も続き、

精神的体力的にはしんどかったろう

自分の犯した罪を自覚し、反省するのである。

自分を取り巻く様々な人たちが関わり、どれだけ迷惑をかけていることに気付く。

しっかりと罪を償い二度とこんなことにならないように。

 

執行猶予付きの刑が確定し、社会復帰したらしいが

翌年、事故の後遺症により亡くなっている。

残念だ。もうすこし彼の作品を読んでみたいと思った。

 

 

しずおか一箱古本市

55935458_471890566683198_398900874225437

今週末はしずおか一箱古本市にぞうさん書店。参加出店します。

30もの店主さんがずらり

すそのでもおなじみの方がたくさん出店します。

今回も、小説、エッセイ、雑誌、ハンドメイド本や

ジャンルにこだわらず、女子向け本を持って生きます。

 

 

56325321_472230933315828_834201125126563

お店でも小箱古本市

お店巡りも楽しそうです。

ぜひぜひ遊びにきてくださーい。

昼休み

  Img_20190510_123239_480 

ランチ♪のお誘い

久々のカル麺

黄金のトマト麺

鉄板やな

 

Img_20190510_133624_461

 

甘いものも欲して

古民家いちごの里🍓

イチゴオリ🍓   

ダイスケ アザーガート

Img_20190505_062239_690 20190504_193646_004

ときすみマルシェから、着替えて御殿場リンコロへ。

アザーガートだいすけさんのワンマンライブ🎸

お誕生日が近いというけとで、お好み焼きで作った

バースデーお好み焼き‼️

この人の声は聞かせるね〰️❤️

 

ときすみマルシェ2日目

20190505_13005520190505_130145 Img_20190505_132141_797 Img_20190506_071926_005 Img_20190505_132141_804 Img_20190506_071926_009 Img_20190505_062239_692

 

5月5日ときすみマルシェ2日目

 

特に予定もないので、ボランティアで手伝うことに。

会場入り口あたりでビラ配り。

前日と打ってかわっていい天気だ。

すでに物欲も欲していないので、

この日はリラクゼーションに徹して

マッサージのハシゴしてた。

撤収時の搬出を手伝いながら

富士山が雄大で美しいなあとしみじみ

この噴水の丘でやるのは初めてということで、

まだまだイベントとして課題もありそうだけど、また続けてほしいものだ。

有料の噴水ショーも便乗して観られてラッキー。

 

 

 

ときすみマルシェ1日目

1557318752681 1557318748180

5月4日

ゴールデンウィーク後半戦

 

ときすみマルシェ

 

いきなりの雷⚡と雨☔❗

お友だちのブースをさらっと見て、プレゼントを購入して

早々に退散。

濡れてしまった。

温泉浴衣をめぐる旅

Img_20190514_064919_501_1

温泉浴衣をめぐる旅

 

伊豆極楽苑が紹介されていたので、思わず手に取りましたが

これを読んだら旅をしたくなる!

温泉浴衣がこんなにも面白く、かわいく、紹介されていて

浴衣が着たくなります!

宿の浴衣って着物好きなくせに、正直苦手で、

なぜなら、寝るときに寝相が悪くてひもはきつくなるし

はだけるし、寝起きの時なんかとてもお見せできないほどの

乱れっぷり!

でも、ちょっと浴衣の概念が変わるし、

旅館やホテルによって浴衣っていろいろあるんだ!って教えてもらいました。

さっそく旅に行きたい。

まずは、伊東のハトヤかな?

ハトヤの浴衣は買えるらしい。

 

そういえば、昔 母親が入院したとき
あの頃の病院では寝間着を着せていたんだ。
そのころ買ったガーゼの赤い柄の寝間着どこいったろ?

あったらそれ着てみよう。

 

ねこぢるさんとコーヒー

20190506_204112 

先日のごてんば古本市におもしろい本を見つけました。

ねこぢるさんの、インドの旅行記「ぢるぢる旅行記」

夫婦でインドを旅するレポートが面白おかしく漫画で紹介されてます。

とはいえ、中身はほぼ現地での気分爽快なやばい内容ばっかりですがね(笑)

インドへは若いころから行ってみたいとは興味本位では思っていたが

この漫画を見ると、いや~行きたいかな?

ヨガを長年やっているので、やはり聖地には行って

心も体も浄化されたい・・・なんて上っ面なことを言っても

所詮日本で、黙ってても水はタダで飲めるし、トイレは水栓だし

綺麗なお布団で寝れるし、なに不自由なく暮らしている堕落してしまった私には

到底・・・

(そういえば、建築関係の仕事をしている知り合いは、海外生活が長く、現場が終わるごとに

次の現場へ移動する。インドにも1年ぐらい行ってたのかな?単身赴任だったけど大変だったろうな~)

現地での怪しげブツは、ラリラリになってそのままどこかへ連れ去られてしまいそうなのに

無事に帰ってこられるねこぢる夫婦に順応性の高さに敬意を表するわ。

しかし、そのねこぢるさんは、この本の出版の翌年に自殺されている。

そのリアルタイムのころは知らなかったが

吉永嘉明さんの「自殺されちゃった僕」を読んでよくわかった。

 

20190506_204140_1thumb1

自殺する人、された人、

今生きてるわたしたちは、生きていることが奇跡なんだな

吉永さんのこの本、途中まで読んでて

しばらく封印してたけど、ねこぢるさんの本を手にしたことで

最後まで読み終えることができました。

でも、もういらない

手放そう。

 


ちなみに、この旅行記を買ったら、コーヒーがおまけでついてきました。

コーヒーはインドでは高級品。チャイの3倍はするんだって。

この古本を出していた海馬堂さんは、本や作家さんのエピソードに基づいて

食材をおまけでプレゼントしてくれるのです。

なんてアイデア!おもしろかったなあ。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »