« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

若山牧水

すそのおんぱく 

小説や劇の台本を朗読して読み合わせをするリーディングカフェ

裾野を愛した歌人「若山牧水」

紀行文「野なかの瀧」にたびたび裾野を訪れた様子を描かれている

ことで、静岡県舞台芸術センター(SPAC)の俳優 奥野晃士さんを

ゲストに、リーディングカフェが開催されました。

今回は、若山牧水ということで、

つい先日、短歌の牧水賞とやらをとったので母親を誘ってみました。

なんだか最初はわけわからぬ場所に連れてこられた感じでしたが、

若山牧水にとても詳しい女性がいて、長年疑問に思っていたことが

やっとわかった!と感動しきりでした。

ちなみにこの日は母親の誕生日。

よい誕生日プレゼントになりました。

Fb_img_1539043351494

参加した皆さんと

帽子とおひげの方が奥野さん


181018140327565_deco

小さなポケットさんにオーダーしたバースデーケーキ

中身はシフォンケーキとモンブラン

ハッピーバースデー

181018140404676_deco


Fb_img_1539043360396

この日は単衣の着物に、呑兵衛の牧水にちなんで、

キャットバーの帯。

お気に入りの組み合わせ。


富士山美酒礼讃

Dsc_0168

セオアルファのモダンガールと嘘つき襟で

襦袢をはぶきました。


Dsc_0170

この日に合わせて月と富士山と日本酒と

Dsc_0173_2


Dsc_0172

だいぶ遅くなりましたが、

9月に御殿場の「酒のいわせ」さん主催の

日本酒の試飲会がありました。

今回で5回目。

1回目を除いて毎回参加してます。

全国11の蔵元さんが自慢のお酒を引っ提げて

蔵元さん自らお酒を注いでくれます。

中には杜氏自らいらっしゃる蔵元も!

Dsc_0176

肉のわたなべさんのプロシュート絶品!


Dsc_0177

この日一番楽しみだったのが、御殿場の知る人ぞ知る

幻のデリカテッセン「キッチンカツマタ」

売り切れ必須!

平日の昼間しかオープンしていない勤め人は

悲しいほど恋い焦がれているお店なんです!


Dsc_0194

すべておいしかった!


Dsc_0197

和歌山の紀土 大好きです。


Img_20180923_093322_635

御殿場のお酒 金明

今回は友達ドタキャンで一人で参加だったけど

行けば知り合いもいたり、知らない人と話したり

楽しい時間なのです。

また今度も一人でいいかも・・・(笑)

またお着物でお出かけするぞ~




止められるか、俺たちを 先行上映

Dsc_0410_2


Dsc_0411_2

先日、静岡シネギャラリーで、先行上映ということで

静岡の友達に頼んでチケットをとってもらった(感謝)


Dsc_0420_2

舞台あいさつに、白石監督、井浦 新氏、脚本家の井上氏が

登壇。

時間たっぷり話をしてくれました。


Dsc_0430_2

その後もサイン会、握手会もほぼ全員に!

なかなかこれだけの大御所が

やってくれません!


Dsc_0433_2

若き日の若松孝二監督、それを取り巻く若者たちの

青春群像劇。

とても素晴らしい映画だった。

特に、門脇 麦さんが素晴らしい!

若者特有の危うさなのか、もともとの性質なのか

あの時代の駆け抜けていったキラキラした瞬間を

白石監督は見事に映し出している。

改めて、若松作品を見たいし、

もう一度これは見に行く!


Dsc_0439_2

ストーリー

吉積めぐみ、21歳。

1969年春、新宿のフーテン仲間のオバケに誘われて、

"若松プロダクション"の扉をたたいた。

当時、若者を熱狂させる映画を作りだしていた"若松プロダクション"。

   そこはピンク映画の旗手・若松孝二を中心とした新進気鋭の若者たちの

巣窟であった。小難しい理屈を並べ立てる映画監督の足立正生、

冗談ばかり言いつつも全てをこなす助監督の  ガイラ、

飄々とした助監督で脚本家の沖島勲、カメラマン志望の高間賢治、

インテリ評論家気取りの助監督・荒井晴彦など、

映画に魅せられた何者かの卵たちが次々と集まってきた。

  撮影がある時もない時も事務所に集い、タバコを吸い、酒を飲み、

ネタを探し、レコードを万引きし、街で女優をスカウトする。

撮影がはじまれば、助監督はなんでもやる。現場で走り、

  怒鳴られ、時には役者もやる。  「映画を観るのと撮るのは、180度違う…」

めぐみは、若松孝二という存在、なによりも映画作りに魅了されていく。

   しかし万引きの天才で、めぐみに助監督の全てを教えてくれたオバケも

「エネルギーの貯金を使い果たした」と、若松プロを去っていった。

めぐみ自身も何を表現したいのか、何者に  なりたいのか、何も見つけられない

自分への焦りと、全てから取り残されてしまうような言いようのない不安に駆られていく。

  1971年5月カンヌ国際映画祭に招待された若松と足立は、

そのままレバノンへ渡ると日本赤軍の重信房子らに合流し、

撮影を敢行。

帰国後、映画『PFLP世界戦争宣言』の上映運動の為、  若松プロには

政治活動に熱心な若者たちが多く出入りするようになる。

いままでの雰囲気とは違う、入り込めない空気を感じるめぐみ。

   ひとり映画館で若松孝二の映画を観ているめぐみ。

気付かない内に頬を伝う涙に戸惑う。

「やがては、監督……若松孝二にヤイバを突き付けないと…」

「止められるか、俺たちを」公式HPより

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »