« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

文楽 曽根崎心中


Dsc_3043

楽しみにしていた

人形浄瑠璃 文楽 「曽根崎心中」heart

Dsc_3046
会場30分前に、人形浄瑠璃の楽しみ方セミナーも

やっていたり、

入口では、人形がお出迎えnote

ばっちり記念撮影もしましたわcatface

太夫の語り、三味線の音色

人形たちの息遣いが聞こえそうなくらいの

繊細な人形遣い師

わたしの気になるお方がお顔を見られてうれしいheart04

Img_20180318_193801_658

なにをそんなに突き動かされるのかよくわからないけど

日本の伝統芸能は素晴らしい。

これが何百年と受け継がれているのだから。

人形劇は子供のころからすきだったし、着物を着るようになって

ますます日本の文化に惹かれるようになった。

数年前だったら気が付かなかったかも。

演目の「曽根崎心中」は言わずと知れた

江戸時代 近松門左衛門の世話物浄瑠璃

此の世のなごり。夜もなごり。

死に行く身をたとふれば、あだしが原の道の霜

で始まり

二人の純愛心中物語。

最後のあのクライマックスでは、もう感動の涙・・・・・

見終わってからしばらく、席を立たずぼーっとしていたら

後ろにいた60代くらいの夫婦の奥さん

「これって結局自殺する話よね」

って!

おい!

それをいっちゃあおしまいよ~

10人いれば10人十色

いろんな考えがあるから世の中成り立つ。。。。

う=む、まあ夫婦で文楽見に来るくらいだから

好きなんでしょうけど・・・・

こういう時は、やっぱり共感してくれる人と一緒にいるのが一番ですな。

(ひとりですけど、なにか?)

Dsc_3042

今日のお着物は

去年の暮れにお直したした

母の鮫小紋。

ちょっと濃いピンクがこの日の気分にぴったりかな?

さすが文楽というだけあって

着物の方がちらほら見えてうれしかったけど

緊張しました!

またこんな機会あったらいいな!

妖精?

Img_20180315_132033_429


Dsc_2999

車のオイルランプがつけっぱなしで

しばらく放置していたので

あわてて車やに行って

ボンネット開けたら、あら?びっくり!

木の実?栗?

なんでこんなところにいっぱい置かれている!

不思議~?

なんか変なところに停めたかな?

もしかしたら妖精が届けてくれた?

(笑)

ちょっとほっこりhappy01

7年ということ

28958386_1044150839056439_181343298

3/10の一箱古本市では

私は、震災からみの本を数冊持っていきました。

実際のところ手放したくなかったので

心の中では売れなくていいよ。。と悪態をついていたのでした(笑)

なかでもやっぱりこれは手放したくないと思ったので

非売品で、展示だけにした写真集。

太田康介さんののこされた動物たち、待ちつづける動物たち

何人かは手に取って見ていってくれました。

これが欲しいといってくれた人もいたんですが、

ごめんなさい、と言うしかなく。

他の震災関連も売れませんでした。

それはそれで複雑でした。

被災地ではまだ避難生活を続けている人もたくさんいるし

苦しんでいる人もいる。

震災関連の本や映画はたくさんみてきたけど

どれも、これで終わりなんていうことはない。

美談になっていることもあるかもしれないけど

表に出てこない話はたくさんあるわけで

ほんとうに終わりが見えないことなんだなと思う。

3/11では、SNSでもたくさんの人がこの日のことを書いていたし

訪れているひともいるし

心を寄せてもらえれば、被災されている方たちも

少しは報われるのだろうか。

でもまた日常が始まれば時間と共に忘れていく。

さて、わたしもそろそろ東北が恋しくなってきたよ。

あの人やあの人に会いに行こうかな。

やさしい気持ち

Img_20180314_061950_282

つい数日前

ミモザの日というのがあるとSNSで話題が

あがっていて、とてもきれいだなあと

わたしもミモザほしいなあとつぶやいたことを

お友達が覚えていてくれて

この間あった時にそっとプレゼントを渡してくれました。

ああ、なんでこの子はこんなことを

さらっとやってくれるんだろう?

ごくごく自然にこんな心憎い演出をしてくれる。

本当にこの気遣いがうれしかった。

私も見習わなければなああと

ずっと年上の私がいうのもなんだが、、、、

きっとそういう風な自然なことは環境がそうさせたんだろうなあ

とお母さんを見ててもそう思います。

素敵です。

わが親子に足りないのはそういうことなんじゃないかと

最近思うのですよ。

もう人生も折り返しになったというのに

まだまだだよ・・

丁寧に生きたいよ・・・



Dsc_2945


Dsc_2949

と、いうことでにゃんこたちにもミモザを味わせて

うまく写真撮れません・・・


はじまりの森 ありがとうございました。

P1010063

3月10日

裾野市の偕楽園で

はじまりの森 無事に開催することができました。

天気予報の晴れマークを信じていたのに、

夜中から急に雨が降り始め、搬入ぎりぎりの時間まで

降り続けていました。

でも、10時の開催時間にはしっかり雨もあがり

たくさんのお客様が来ていただきました。

私たち、はじまりの森の一箱古本市も無事に滞りなく

準備でき各店の個性豊かなディスプレイを眺めます。

P1010003


P1010007


P1010008


P1010009


P1010010


P1010012


P1010015


P1010016


P1010018


P1010037

今回初めてイベントでの出店 赤いりぼんさんheart

SNSで知り合って、お誘いした作家さん♡

本当にかわいらしく、はじまりの森の妖精でした。


P1010044

溶接体験も!


P1010060

こちらもイベントで知り合って、相模原から来てくれた

suieさん。素敵な姉妹で作ってる不思議なブローチ

もう大好きhappy01

P1010066

ハンモック体験あり


P1010049

ふくろうも


P1010019

ライブもあり





P1010006

最後に

友達が

私の屋号の ぞうさん書店 のイメージマスコットを

作ってくれたよー

これ革だよ!

うれしいなあ~

今回、人手不足もあって、ダメもとで知り合いの人を

お願いしたら心よく駐車場係をかってでてくれて

午前中だけの話が、結局早朝から終わりまで

ずっといてくれました。

本当に心強くてありがたくてうれしかった・

この埋め合わせは・・・しっかりと!

そのほかにも、駐車場係を手伝ってくれた出店者さんもいたり

途中からも手伝いに来てくれたり、

いろんな人がこのイベントに手を貸してくれました。

多分至らない点がたくさんあったとは思うのですが、反省や

改善すべき点は取り入れて、また次回へとつなげていきたいと

思います。

次回はじまりの森は 6月です。

一箱古本市はお休み。

季節は初夏。

さあ、またどんなはじまりがありますか?




すそのおんぱく 大人のひな祭り Faith LIVE 

1520227163041.jpg

すそのおんぱくプログラム

https://shizuoka-onpaku.jp/susono/

大人のひな祭り Faith LIVE in かどや

裾野市出身 われらがシンガーソングライターFaith さん

久しぶりの地元でのライブです。

裾野おんぱくとは、
「裾野温故知新博覧会」の略称「おんぱく=温博」です。 裾野では「古きよきものをたずね、新しい事柄を知る」という「温故知新」の意を通じ、「今あるものを新しい視点で見つめる」というコンセプトもと裾野を盛り上げたいと願う地域の方々と裾野おんぱくが誕生しました。

つながる映画メンバーでもあるから

この日はつながるメンバー勢ぞろい♪

癒しの声と空間をいただきました~

前半はオリジナルをメインに

後半はリクエスト大会!

私は浜省、悲しみは雪のように

唄ってもらいましたhappy01

仲間と顔を合わせておしゃべりして

楽しいひと時でした。

ひな祭りということで、着物で行きましたが

ひとつも写真撮ってないsweat02

集合写真の到着を待ってます。

1520227161100.jpg

河津桜の差し入れがあり

春の雰囲気たっぷりでした。

moroha

Img_20170519_162845_508

去年パンダ音楽祭で初めてみた

MOROHA

今年も会いたいな。

ライブに行きたいな。

リリイ

1519966323412.jpg

タレント本とかフォトエッセイ本って

結構当たりはずれあるんで、失敗することが多いんだけど

これは買いです!

石田ゆり子さん

糸井さんのほぼ日でたまに犬とのエッセイを

読んだりして、すごく共感できる人だなあと

勝手に親近感を持ってた。

最近の活躍はご存知のとおりだし

とても素敵な歳の取り方をしているなあと

あこがれている。

歳はわたしより2つくらい下。

インスタでフォローしてるけど、飼い犬のゆきちゃんとか

猫のはにおとか、そのやりとりがとても楽しい。

しばらく表紙を眺めながらどうしようかな?と

思ったけど、はにおたちのシールが付録でついているので

つい惹かれしまった・・・(笑)

まだ全部読んでないけど

素敵だなあ

こんな素敵なおうちに住んでて

こだわりのある物たちに囲まれて

かわいいペットがいて

あとは素敵な恋人なんじゃあないのゆり子さん(笑)

とりあえずこの本を読んでから、家具の配置を替えようと

企んでいる私です・・・・・

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »