« 無題 | トップページ | さくらの日記 »

映画Day

久しぶりの小田原TOHOシネマズ

午前十時の映画祭8

Img_20170402_095929_480

アメリ

実はちゃんと見るのは初めて!

2000年公開ということは

この頃ってあまり情報なかったし、

映画もあまり見た記憶がない。

本当によく見ているのは

ここ3~4年だから。

フランス映画は、やっぱり面白い

アメリはキュートで、出てくるすべてがおしゃれに感じる。

衣装も、インテリアも、猫までおしゃれだ。

やっぱり名画はいい。

終わった後は、赤いお洋服がほしくて探してしまったわ。

(意外と赤ってなくて違う買い物してしまった(笑)

Img_20170402_154827_610


お昼食べて休憩して、

本日2本目。

「ムーンライト」

アカデミー賞の間違い事件もあったせいか話題性も

アカデミー賞最優秀作品賞

マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している

母親ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす少年シャロン(アレックス・R・ヒバート)。

学校ではチビと呼ばれていじめられ、

母親からは育児放棄されている彼は、

何かと面倒を見てくれる麻薬ディーラーのホアン(マハーシャラ・アリ)と

その妻、唯一の友人のケビンだけが心の支えだった。

そんな中、シャロンは同性のケビンを好きになる。

そのことを誰にも言わなかったが……。


ブラッド・ピットが製作陣に名を連ね、

さまざまな映画祭・映画賞で高評価を得たドラマ。

マイアミの貧困地域に生きる少年が成長する姿を、

三つの時代に分けて追う。監督は、短編や

テレビシリーズを中心に活躍してきたバリー・ジェンキンズ。

『マンデラ 自由への長い道』などのナオミ・ハリス、

『グローリー/明日への行進』などのアンドレ・ホランドらが出演。

逆境の中で懸命に生きる主人公に胸を打たれる。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

LGBTをテーマにした、重い内容かと思ったけど

純粋なラブストーリーだった。

シャロンのケビンへの思いがせつなく悲しいい。

映像が美しい。

特に海のシーンは素晴らしい。

4月の出だしは良好です!

« 無題 | トップページ | さくらの日記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無題 | トップページ | さくらの日記 »

chacha

  • 20130113_083619.jpg
    平成15年7月に妹のグリと一緒に我が家の一員に.。 平成25年1月12日天使になる。享年9歳