« ポッキーの日 | トップページ | 映画 ㊲ »

無題

歌手で女優の、りりイさんが肺がんのために

お亡くなりになりました。

享年64さい

息子で、ロックバンド・FUZZY COTROLのJUONさんと

ドリームズ・カム・トゥルーの吉田美和さんに見守られながら逝ったという。

ネットでそんなニュースが飛び込んできた。

結婚も2度されていて、一度テレビからは姿が見えなくなり

あの人は今?的な番組にも出ていたような気がする。

最近は、いい歳をとってきて、映画やドラマでも

引っ張りだこだったと思う。

私の中での印象的だったのは

映画「リップヴァンウインクルの花嫁」のCoccoの母親役で

出演していたシーン。

娘の遺骨を届けに来た、綾野剛と黒木華の前で

娘が亡くなったのに、遺骨を見てもなにかそっけない。

音信不通で疎遠だった親子関係で

ぽつぽつと話す年老いた老婆。(たぶんその頃はまだ60歳になられたばかりか?)

弔いの酒を飲み始めたら、感情を抑えきれなくなり

なぜか洋服を脱ぎはじめ全裸になる。

それにつれられ綾野剛も脱いだ。

そして最後はみんなで号泣。

まさに岩井ワールドなんだけど

圧倒的な存在感だった。



ふと

考える。

りりイさんは、最後は家族に看取られて

旅立った。

どんなに苦労をした人生でも

そこにやはり家族がいるということは

幸せなんだろうな。

先日も、友達のおかあさんが長い闘病生活を終えて

旅立った。

とっても大好きなおばさんだったから

悲しかったけれど

でも、家族はずーっと一緒に同じ時間をすごして

最後までがんばって、看取ることができたらしい。

生まれるときは一人

死ぬ時も一人

とはよく言うが

やはり家族や誰かに見守られたいとは思う。

じぶんのわが子がいれば

もうそれだけで。

どんなに仲が悪くても、疎遠になっても

やはり血を分けたものが亡くなるのは悲しいだろう。

なにも言わなくてもそばにいてくれればいいと思う。

こどもがいればなあ・・・って思う。

たぶん、ちゃんと生まれていればもう二十歳かな?

男の子

無理だったけどね。おなかの中で死んじゃってたから。

それにたぶん子育ても無理。

じぶんには授からなかったってことは

何かしら意味があるのだと思っているから、

親になる資格がなかったのでしょう。

だから子供の扱いは今でも苦手です。

甥っ子姪っ子もかわいがらなかったし、

きっと彼らに面倒見て、って頼んでも無理でしょうね(笑)

まあそれでも身内はまだいるだけましか・・・

ふと、ね

そんな風にさみしく思っただけです。

今度

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」も

見てみたいのです。

死ぬ時の覚悟ってなんだろう。

やりたいことってやりきれるかな?

あ、死なないですよ。まだ。

やりたいこといっぱいあるから(笑)

« ポッキーの日 | トップページ | 映画 ㊲ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ポッキーの日 | トップページ | 映画 ㊲ »

chacha

  • 20130113_083619.jpg
    平成15年7月に妹のグリと一緒に我が家の一員に.。 平成25年1月12日天使になる。享年9歳