« 10月ですね・・・ | トップページ | ハロウインにゃ »

め映画「あん」上映会10/15(土)in 国立駿河療養所

いよいよ今度の土曜日!

映画「あん」の上映会があります。

今回の上映会場は、

御殿場市神山の国立駿河療養所 講堂です。

元ハンセン病患者の皆さんが

今もここで暮らしております。

今一度、歴史を振り返り、

ハンセン病とはなんだったのか?

私たちの生きる意味とはなんなのか?

無知は最大の罪である。と言われるように

現実から目をそむけないで、

真実を知ってほしいと思います。

1473750991052


1473750998756

【 あの道のりを 一緒に上ってほしくて… 】

今回、私たちつながる映画が選んだ作品は『あん』
元ハンセン病患者のささやかな社会との関わりを通して、いろいろな場面で「自分だったら…」と自らに問わずにはいられない…そんな作品です。

...

会場は、御殿場市神山にある国立駿河療養所内の講堂です。
現在も元ハンセン病患者の皆さんが暮らしていらっしゃいます。
そこに療養所があることは知っていても、訪ねたことのある方は、そう多くないのではないでしょうか。
ぜひ、胸が苦しくなるほどに長い道のりを、あの坂道を、この映画をこの場所で観るために、上ってきてください。

素晴らしい映画です。
そして、その素晴らしい映画に出会う前と後…あの道のりが私たちに語りかけるものに少し心を寄せていただけたら、とてもうれしく思います。

~~~上映会情報~~~

日時:2016年10月15日(土)
①開場  9:00 開演  9:30~12:00
②開場13:00 開演13:30~16:00

会場:国立駿河療養所 講堂
(御殿場市神山1915)

各回先着200名
入場無料
バリアフリー上映対応(字幕・音声ガイド・車椅子スペース・小さいお子様連れOK)

*駐車場が離れている場合もございます。時間に余裕を持ってご来場ください。
*音声ガイド用ラジオ貸出しあり(数量限定)。FMラジオとイヤホン持参でもご利用可能。
*お子様が飽きてしまった場合なども安心の時間差上映ルーム設置。

ストーリー

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

オフィシャルHP

http://www.an-movie.com/#top

つながる映画

https://ja-jp.facebook.com/SusonoTunagaruMovie/

« 10月ですね・・・ | トップページ | ハロウインにゃ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月ですね・・・ | トップページ | ハロウインにゃ »

chacha

  • 20130113_083619.jpg
    平成15年7月に妹のグリと一緒に我が家の一員に.。 平成25年1月12日天使になる。享年9歳