« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

御殿場の夜

行ってきました!

御殿場RINCOLO にて

「アコギGroove!」

トップギタリスト 石井完治さんと静沢真紀さんのユニットLIVE.

ふたりのギターテクニックに悶絶?超絶!

こんなすごい音をこんな近くで見られていいんでしょうか?

ってくらいすごいLIVEでした。

Kimg1442


Kimg1439


Kimg1438


失礼ながら直前までお二人のことは前知識がなくて

RINCOLOさんのブログで丁寧な紹介記事で知って

youtubeとか見たら、なんかすごそうだぞ・・・・と

期待でワクワクでした。

石井完治さんは、テンプテーションズ来日の時にギタリストとして

活躍するなどのトップギタリスト。

静沢真紀さんは女性ブルースギタリストとしてのナンバーワンギタリスト!

MCはほぼ完治さん中心だったけど、

真紀さんのさりげないつっこみなどで盛り上がりつつ、

演奏に入れば一転異空間に引き込まれたように

ギターに酔いしれました。

その後の打ち上げにも参加させてもらい、

またまた完治さんの楽しいおしゃべりで盛り上がり、

真紀さんの素敵な雰囲気にすっかり私はファンになってしまいました。

Kimg1446


Kimg1444


サイン共同作業してもらってるとこ(笑)

Kimg1447_3


かっこいいジャケット

またお二人はギターの先生でもあり

教本DVDも置いてあり、

思わずギターを習いたくなった。

(その昔、兄貴が持っていたクラッシックギターを

こっそり練習して唯一弾けたのは

「ドナウ川のさざなみ」(笑))

Kimg1440


とにかくかっこよかった。

地元でこんなカッコイイLIVEが観られて

本当に幸せだった。

またこんなLIVEがあったらぜひ行きたいな!

とりあえず、来週にちようびあるけどね!

Kimg1445

本当に真紀様が美しかった。

色がしろーい。

ほめる

Kimg1433_2
前から気になってたので、買ってみた。

ほめたつになりたい。

気仙沼の味

気仙沼の味

気仙沼 唐桑の盛屋水産さんからお取り寄せした、

生牡蠣とホタテがどーんと到着!

さっそく友達よんで牡蠣パーチー!!

そして先日海中貯蔵酒の引き揚げ作業をしてきた

日本酒 蒼天伝の飲み比べ。

味は辛みがとれてとてもまろやかに飲みやすくなってました。

牡蠣は、まず生のままで。

殻をむいてから白ワインにつけていただきます。

(みしまやさん直伝)

次は蒸し牡蠣。これは「レモスコ」をかけて。

またまたみしまやさんにて(笑)

ホタテもお刺身と蒸しにしてがぶり!

とにかく大きさがはんぱないので、

品数は少ないのですが、量が多いのですでに

おなかいっぱい。

締めにホタテの炊き込みご飯。

差し入れにKukkaさんのパンも頂いて

みんなで完食!

おいしかったねーと母と友達大満足でした。

これに味をしめてまたお取り寄せしちゃいそうです。

ぜひ仲間に入りたいわ、という方はぜひどうぞ(笑)

津波の被害をもろに受けていた気仙沼唐桑地区。

牡蠣の養殖筏は全滅状態になったのでした。

全国、世界からの支援を受け、

ここまで復旧することができました。

まだまだ大変なことはたくさんあると思いますが、

こんな形でも復興支援になればと思います。

なにより、おいしいんですから!

お彼岸

春分の日、お彼岸の中日。

お墓参りしてきました。

2か所はしごしなくちゃいけないので、

いつも大変です。

お墓参りのあとはいつもここで

母親とお昼を食べるのが

ここ何年か習慣になりました。

601349_227684024036462_560706646_n

いつも混んでいるので、予約しておいて

行ったら、やはり祝日ということで

次から次とお客さんが。

お昼時はやっぱり混むので、

ひと回転終わった1時過ぎが狙い目だと思います。

定番のハンバーグと豚の柔か煮。

ここに来たらデザートも頼まなきゃ損です。

あ~おいしかった。

帰りみちに、またまたお気に入りのパン屋さんへ

ベーグル狙って行ったのに、

「あと20分です」とな・・・・

待てなかった。またリベンジする。



...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

お墓の前で

見守っていてね・・・・

と母が言うので、

見守られていると身動きとれないかもしれない。

と、わたしぽつりとつぶやいた・・・・

みはなしてくれたほうがいいかもしれないときもある

きれい

Kimg1402

友達のmaiちゃんに教えてもらった

トランスパレンス っていう折り紙

出窓にかざしたら、朝日がちょうどあたって

キラキラきれい。

グリも興味しんしん。

やっぱ女子だね~(^。^)y-.。o○

昨夜の風はすごかったですね。

家が揺れて地震かと思いました。

今朝はすっきりいいお天気で、

気温もぐんぐん上がってます。

春を通り過ぎて初夏になりそうですね。

SUNの市


日曜日、裾野の三條さんで毎月第3日曜日にやる

「SUNの市」

風もなくお天気もよくて、朝市日よりでした。

新鮮野菜や、みかん、無添加化粧品や食材

などいろいろなお店が出店してます。

なにより楽しいのは作り手の顔が見えること。

スーパーや大型店では味わえない、人と人とのまじわりが

ここでは味わえます。

今回で2回目、まだ始まったばかり、ぜひ定着させてほしいですね。

日曜日の朝、おさんぽのついでにぜひ寄ってみてはいかがですか?

Dscn2845

紫紺エキス、使ってみよう。

Dscn2850

前回ぽんかんがめちゃおいしかったみかん栽培のお店。

生搾りジュースおいしかったー

お手伝いのお子がかわいかった。

ちなみに5月出店予定かも・・・・?

会場でみんなのアイドルだった、momoちゃん。

お散歩嫌いだから、ずっとママのコートの中でご満悦~

その後、友達のおうちにお邪魔してお顔のお手入れを

してもらいました。

お顔がつるんと一皮むけて気持ち良くなって、

お姑さんが使っている小型の織機に目が釘付け。

羊毛から糸を紡ぎ、色を染めての作業をすべてやり

ショールを作ってる最中でした。

丁寧な仕事。

こんな仕事わたしもやってみたい。

眠っている手織り機だしてみようか・・・・

映画

銀座の展示会を見たあと、

少し銀ブラショッピングをしたあと

もうひとつの目的、映画を見に行きました。

「遺体 明日への十日間」

原作を読み終えて

すっかり感情移入してしまったので

絶対見に行かなければと思っていました。

ちょうど時間帯もよかったので

あせらずゆっくり見に行けました。

内容は、

もしご覧になる機会がありましたら

ご自身で確認していただきたいと思います。

Top2

http://www.reunion-movie.jp/index.html

銀座へ

Kimg1324_2

Kimg1329_2

先日銀座へ行ってきました。

サークルや商店街でも応援している

南三陸ミシン工房さんの展示会をやっているというので。

春の陽気で暑いくらいの東京でしたが、

会場に着くと、南三陸からお越しになっていた

ミシン工房のおかあさんたちがいらっしゃいました。

(ポケットティッシュケースのワークショップ)

会場はおかあさんたちの大きな写真と、

それぞれ作ったがんばっぺし!!Bagが展示販売されていました。

去年、サークルや秋祭りのときに布の支援をさせていただきました。

どうも見覚えのある布もちらほら・・・・ありました。

ちゃんと役立っていてうれしいです。

また秋祭りでお世話になった代表の方やスタッフの方にお会いできて

お話もさせてもらってとてもよかったです。

まだまだ道は険しいですが、

どうかがんばってほしいです。

Hangin there!

おらほもあんだほもがんばっぺし!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜



昨日の衆議院予算委員会の答弁でも

ミシン工房のことを紹介していました。

もっともっと知ってもらいたいですね。

ある朝のこと

Kimg1319_3 
なんか動かないなーと思ったら、
湯たんぽの上でした。
暖かいのね。

旅④~

やっとこさ最終章です。

いろいろヨリミチしてしまい遅くなってしまいました。

陸前高田市で

雑貨のいわ井さんとお菓子の木村屋さんで

しこたまお買い物をしたあと、

気仙沼へ戻り、

P3030607

復興マルシェに寄り、ここでもお買いもの(笑)

お魚屋さんで手づくり塩辛とふかひれスープを買い

ホヤボーやのハンコとか、

お酒とかお酒とか・・・・

その後昼食のため紫市場で、

気仙沼ホルモンが食べたい!と

思っていたはずなのに・・・・

480485_222906747847523_761627801_n

どーん!

本日のおすすめランチに目を奪われ

ステーキ定食にしてしまったワタシ・・・・

がっつりステーキ2枚!これでなんと850円!

550429_222906584514206_989915781_n

ホルモンはこちら!

千切りキャベツと一緒に食べるのですね。

次回は必ずホルモン食す!

おなかいっぱい食べたところで、

1か所どうしても行きたいところがありました。

ここの商店街の「暮らし舎 麦 」さん。

雑貨屋さんでオーナーさんがとてもおだやかな感じの人で

初めて訪れた時、お話がはずんだのを思い出します。

その時買った 柿渋の布でバッグを作ったので

その報告をしに行きました。

20130211_222242 (結局自分用で・・(^。^)

オーナーさんはとても喜んでくださり、

もっと作って~とお願いされたり・・w(笑)

また来ますから。と約束してバスに戻りました。

P3030639

P3030612

P3030636

P3030640

その後、遠洋鮪延縄漁船・第八十八福徳丸に

まさに翌日3月4日、初出漁へ向かう準備真っ盛りの中

船を見学させてもらうことに。

本来ならば神聖な男の世界に女人禁止の場所に

女子約40人が船の中を興味しんしんで説明を聞きました。

漁師の方たちは船を出ると約1年帰ってこれません。

その妻や家族たちは無事に帰ってくるようにと

心をこめて船を見送る「出船送り」というお見送りをするのです。

家族ばかりでなく、近所の人、おかみさんたちたくさんの人たちが

出船送りをするとその場にいるだけで自分も胸がキュンキュン

してしまうと、昨日のおかみさんたちが言っていました。

63266_550643314956006_1445128503_n

(これは次の日の出船送りの様子)

その後、場所をおなじみ「斉吉商店」さんに移動。

みなさん 「金のさんま」を買うために鼻息荒いです(*_*)

私と隣の席の人はリピーターでだいたいわかっていたので

近くのコンビニに走り、新聞を探してました。

実はこれを探して・・・

374502_548539228512477_833841467_n

ははは・・・まあこれも思い出。

P3030645

この日は「ほぼ日」のあんこのワークショップが

行われてました。糸井さんもいましたよ。

あんこのいいにおい~

斉吉さんでお買い物も済ませると

本ツアーの工程はすべて終了です。

バスに乗り込み、

お店の方たちが見えなくなるまで

手を振って見送ってくれました。

気仙沼の、東北の、おもてなしの心。

明るくてあったかくて強い東北の女性たち。

またこの人たちに私は救われてしまった。

たかが自分ごときがなにができるわけでもないのに

こうして現地へ赴き、話を聞き、食し、

見たまま感じたままをお土産として

持ち帰り、またそのことを伝えていくことで

少しはこんな私でもお役にたてているのだろうか、と.。

3月11日を迎え、復興という言葉は軽はずみには言えなく

なってきた厳しい現状がある。

さらに状況は悪化しているところもあるし、

人の心も。

そんな中でも今回出会った方たちは、たくましく前に向かって頑張ってる。

私はずっと応援し続けていきたいと思ってます。

今回このツアーに携わったすべての人に感謝いたします。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

長々とお付き合いいただきましてありがとうございました。

また気仙沼に行くことが決まりました!

またレポートをつらつら綴っていくつもりですので

よろしくお願いします(●^o^●)

小山町チャリティイベント

順不同になりそうですが、

とりあえず今日のこと。

handmade 雪ん子さんにお誘いいただいた

小山町でのチャリティイベントに参加してきました。

初めて行く場所で様子がわからなかったでしたが、

たくさんのお客様にお越しいただきました。

ホールではパネルディスカッションや、トークライブがありました。

詳しくはこちらをご覧ください。

小山町NPO支援室http://oyamanpo.i-ra.jp/

208512_223736394431225_1653858735_n

お持ち帰りした子。

みんな可愛くて今日の参加者5人全員お揃い(笑)

お世話になりました。

また次回よろしくお願いします。

これからも末長い支援を続けていきたいと思っています。

旅③~

唐桑の「つなかん」をあとにして、

その後、気仙沼の市内をバスで巡回していきました。

今の気仙沼の状況、そして「語り部」として

気仙沼大島で「明海荘」という旅館のおかみさんが

乗って巡回しながら3・11の時、なにがあったか、

そしてその後どうやって過ごしていったか。

またボランティアの人々とのふれあいのなかで

何百人もの炊き出し作業を取り仕切っていたそうです。

子どもとの関わり方、さまざまなお話をときおり

言葉に詰まりながら、一生懸命お話してくださいました。

ここに至るまでは、なかなかこうやって人前で

話すには心の整理がつくまで時間がかかったようです。

P3020527

でも根はとても明るいきさくなおかみさん。

その後の夜の座談会ではひときわ大賑わいでしたよ(笑)

P3020522

車窓からは基礎部分だけ残った住居跡が

まだまだそのままで・・・

P3020525

修復してたり、新たに家を建てているところも

ありましたが、

道路の嵩上げ工事も進んでいるのか、

あまり進んでいるようにはみられません。

その後今夜宿泊するホテルに到着。

夕食までの間、同室になったお友達とお土産屋さんを

見に行ったり、復興市場にいったり。

P3020532

夕食後は、気仙沼「椿会」のおかみさんが登場!

座談会が始まりました。

5班に分かれて、それぞれ来られたおかみさんのお話を

伺います。涙あり笑いあり、どうして東北の人はこんなに

人を包み込んでくれるんだろう?

プロパンガス会社を経営されているおかみさん、

当時停電になってしまって、3割近いのガスのお客さんが津波の被害に

あったそうです。そのなかでも社長さんは7割は大丈夫なんだ、

今やれることをやるんだ!と1件1件回って、いち早くガスを復旧するように

かけずりまわったそうです。(同業者なのでとてもよくわかります泣)

オール電化のうちにはカセットコンロを配ってなんとかしのいでもらい

不眠不休で動いたそうです。

ローテンションを繰り返し時間も押されながらあっという間に

時間が過ぎてしまい、今日のスケジュールが終わったのでした。

その後、部屋に戻り各々お風呂に入り、

改めてそれぞれの感想を言い合ったり、

お互いの話をしたり、初対面だけどもうずっと前からの

友達のように距離を縮めていったのでした。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

翌日は、陸前高田市へ訪れることに。

その前に、もうすっかり気仙沼ではおなじみになってしまった

第18共徳丸

542674_550644061622598_1681625188_n

震災のモニュメントとして保存するかどうかの

論議がされていましたが、所有している船舶会社が

解体するという決定をしたと報道でもされていました。

いろいろな考えがあるようでしたが、

そこに暮らしていた住民のかた被災された方たちの

お気持ちをとっての決断のようです。

しかしながら解体するにもお金がかかるのです。

本当にまだまだなのです。

その後バスは陸前高田市へ

P3030565

ちょうど前日に奇跡の一本杉の修復作業に

かかったそうで、そばには行けず。

66899_550644084955929_1025526077_n

P3030564

P3030581

ここで、お酒雑貨を営んでいた いわ井の社長さんが

語り部として当時の様子をお話してくれました。

P3030582

かつてお店があったところです。

なにもありません。

ここは昔ながらの古い商店街が並んでいた通り。

P3030589

運命の分かれ道

ぎりぎりのところであの山に逃げ込んだのです・・・・

あの時、どうやって自分が逃げて助かったのか、

私たちを引き連れて、同じ道を歩いて確かめさせてくれました。

夜になってまっ暗闇の中で、津波は何回も襲ってきたそうです。

私は嗚咽してしまいそうなくらい感情を押さえて

一言ももらすまいと聞き入りました。

P3030587

気仙沼もそうですが、陸前高田も人口の流出が

止まらないそうです。

公務員以外ほとんどの人が職を失ってしまったからです。

元にあった場所に建物を立てたくても、

道路の嵩上げで拡張されるのか、土地の売買の問題など

自治体ではまだなにも進んでいないようです。

そして、2重ローン。年配の方になるとこれから新しく

ローンを組んでまで商売を始めたりすることもとても厳しく

あきらめてしまう方もほとんどだそうです。

そんな中、いわ井さんはさまざまな方面からの支援を得て

仮設でのお店を立ち上げることができました。

そしてそのお隣はお菓子の木村屋さん。

P3030606 

木村屋のご主人

この日はひなまつりだったのでてんてこ舞いでした(笑)

P3030595

お店の中に入って、ひな祭りモード一色!

かわいい雑貨に女子たちの目が光り、

手に手に品物を手に、あっという間にレジは長蛇の列です。

店を買い占めてしまいそうな勢いに

社長もうれしい悲鳴でてんてこ舞い(笑)

もちろんここは酒屋さんですから、

陸前高田の地酒「酔仙」 も あとお醤油も

買い占めて(笑)宅配で送りました。

P3030601

となりの木村屋さんでは、バウムクーヘンを実演していました。

ほほーこうやって焼いてるんだ~

やさしそうなおばあちゃまがいて、「ありがとう、ありがとう」と

笑顔を振りまいてくれたのがとてもうれしかった。

ひとしきりお買いものをすませて、

みんな頭に湯気が出てるようだったな(笑)


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

長々お付き合いくださりありがとうございます。

あともうちょっとだからお付き合いくださいね。

続きはまた・・・

旅②~

  東京駅から新幹線で一ノ関駅まで2時間弱。

途中車窓から小雪が舞う景色も見られながら到着。

そこから待機していたバスに乗り込み、気仙沼へ出発です。

同じ企画ツアーなので、リピーターの方も多く、初めましての方のほかに

お久しぶりです の再会もあり

それがまたうれしい。

.P3020435

まずは今回のツアーの第1の目的。

昨年の7月に海中貯蔵された日本酒 男山「蒼天伝」の引き揚げ作業でございます。

まずは、唐桑の「つなかん」の美人おかみ 一代さんによるご挨拶からはじまり

今回は3+1班に分かれて、それぞれ船に乗り込み引き揚げのお手伝いをします。

先に船に乗っている人たちを待っている者たちは、

第2の目的、牡蠣の殻むき体験!

みんな花もはじらう乙女たち。

P3020441

P3020445

教えてくれるおかあさんたちに手ほどきを受けながら

わあわあきゃーきゃー言いながら恐る恐る牡蠣にナイフをぶすっと突っ込み、

くいっくいっと殻を開けていきます。

開いた~~と喜びの雄たけびを。

P3020448

そのまま生でたべていいんだよ。とおかあさんに言われ、

つるっといただきました~

そのお味はもう~知ってる人しかわからない(笑)

P3020450

一応一人2個の割り当てを頂き、そうこうするうちに第1陣が戻ってきました。

一代さん、びっしょり濡れて

「私たちよく生きて帰ってこれたねー」と

興奮気味に話しているのでどうしたことかと思ったら、

風が強くて波しぶきがすごくて、お酒を引き揚げたときにバッシャーンと

海水をかぶってしまったそうです。

他の参加者の人も何人か濡れてしまったみたいで、

あらら~可哀想~と言いつつ笑ってた。

結局その後も風が強くて、引き揚げは中止。

P3020457

船に乗せてもらってぐるっと牡蠣が眠っている筏を見せてもらいました。

P3020459

P3020463

(海の様子を説明してくれる一代さん)

P3020455

引き揚げたお酒。

まるで沈没した豪華客船から引き揚げた宝物のようです。

P3020466

さあ、どんな風になっているか・・・・・?

P3020470

ドキドキ

P3020472

でた~~~

なんか得体のしれない物体が!!!!

その後はもう~芸能人のように写真撮影会が始まりましたよ。

P3020479

よっ!男山社長!かっこいい!(左)

お隣はダイバーのうおさん。

実は去年、沼津市から唐桑の海に魅せられて移住してしまったのです。

男らしいかっこいいでしょ?奥様もとっても素敵で美人~

実はこの様子を地元の新聞に載ってしまいました・・・・

結構ばっちりと・・・

そして第3の目的、おもてなし処「つなかん」にてお楽しみの昼食です!

まずは外でバーベキュー隊が待機してるところへ、

P3020487 P3020488

今日のノルマです!

ほたて1枚

牡蠣3個

さんま1尾

を自分たちでそれぞれのタイミングで焼いていきます。

P3020494P3020492

お座敷では、貝がたくさん入った炊き込みご飯とお味噌汁。

P3020495 P3020497

    どーーーん!

そのあとに茹でたてのムール貝(こちらでは呼び名をなんて言ったかな?)

あと新鮮採れたてのわかめ!

わかめのしゃぶしゃぶなんて食べたことある?

このどす黒い色が、鮮やかな緑に変わる瞬間

おーーーーーっとどよめきと感動の嵐!

P3020498

これが・・・

P3020499

しゃぶしゃぶ・・・

P3020503

なんとあざやかなグリーン!

63372_550643841622620_1216217760_n

そしてなんといっても、

苦労して引き揚げてもらった(笑)

蒼天伝の試飲です。

試飲というよりマジ飲みでしたけど(笑)

おなかいっぱい笑顔いっぱいで

唐桑を満喫したのでした。

602078_550643928289278_1833525476_n

楽しい時間はあっという間。

つなかんのみなさんが最後まで手を振って

見送ってくれました。

ここに至るまでは大変なご苦労があったのに

素敵な笑顔と明るさで私たちを出迎えて

くれて、本当にうれしかった。

このやさしさに東北の魅力に取りつかれてしまうんだろう

と思った。

旅はまだまだ続くのでした。

長々とお付き合いくださりありがとうございます。

まだまだ見てほしいことがたくさんあるので

もう少々おつきあいください。

また次回へ☆

旅~①

東日本大震災からもうすぐ2年、3度目の春を迎えるにあたって

気仙沼に訪れるツアーに申し込みました。

去年までは、東京駅から夜行バスでの交通手段でしたが、

今回から新幹線に変わったので、静岡から行く私は最初躊躇していましたが

JTBさんに聞くと、大阪から来られる方もいるということで、

よし!行こう!と思いたちました。

さて、東京駅で朝7時の出発に間に合わせるにはどう考えても、

三島駅からは間に合わず、東京に前泊することにしました。

とは言ってもお友達のうちに泊まらせてもらうには、夜遅くて朝早いので

とても申し訳ないので、安いホテルを探していたところ、

ユースホステルのような素泊まりできるところを見つけました。

私はバックパッカーなんてやったことないので、ちょっとどうかな・・・?

と不安でしたが、とても親切に応対してもらったので

安心して泊まることができました。

仕事を終えて、急いで支度をして東名高速バスに乗り

東京まで。(ものすごいどしゃ降りで大変でした)

Kimg1265

http://backpackersjapan.co.jp/nui/

場所は蔵前。

最近おしゃれスポットで話題ですけど、

まあ~着いた先もとてもおしゃれでした。

(知ってるユースホステルとは大違い・・・東山)

Picsart_1362146458139

入り口というか、受付がBarになっていました。

チェックインをして(前払い制)説明を受けたあと

すぐには部屋にはいかず、とりあえず雰囲気を

楽しみました。

さっそく、カクテルをたのんでゆっくりしてますと、

旅行者らしい外国の方が英語でにぎやかに話していたり

異国情緒漂う中、おのぼりさんになったような気分でした。

ここは、まだ最近オープンしたらしくて、内装もとても凝っていて

すてきでした。東京で帰れなくなったらここでまた泊まるのも

いいなと思いました。

2杯カクテル飲んで、さっそくお部屋へ。

Kimg1254

倉庫だったようなビルを改装してあります。

ワタシが泊まったのは8人部屋の女性限定部屋。

2段ベッドの上がワタシのプライベートルーム。

もう着いたのが11時を回っていたので、静かにそーっと

ベッドに上がりました。

シャワーとトイレ等は共同。ドライヤーは深夜1時以降は使用禁止

なので、急いでシャワーを浴びて、髪を乾かし、ベッドに入りました。

が、興奮してるせいか全然寝付けなくて、2~3時間しか寝れなかった。

でも5時に起きて、支度をして上の階にあるラウンジへ

Kimg1257

キッチンは滞在者ようにお料理もできるようになってます。

インスタントコーヒーがFREE と書いてあったので

コーヒーをいただき、

Kimg1260

手づくり感のある凝った内装に感心しきり。

Kimg1261

自分の英語の能力のなさにがっくし。

世界各国の旅行ガイドがあったり、

なんか旅の始まりだなあ~とワクワクしてきました。

もうお金は払ってあるので、チェックアウトも勝手に出て行ってOK。

ガラガラ荷物を引きながら、

昨夜は緊張して気がつかなかったスカイツリーが

すぐ近くにあったことに気付いた。

Kimg1266

そしてこれから気仙沼への旅が始まるのです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

長々お読みいただいてありがとうございます。

また次回へ続きます。(●^o^●)

気仙沼へいってきました

今年初めての気仙沼へ行ってきました。

今回は陸前高田市にも初めて足を運びました。

この3月に行けたことにとても感謝いたします。

くわしいご報告はのちほどゆっくり更新していきたいと

思ってますので、まずはご報告まで・・・・

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

chacha

  • 20130113_083619.jpg
    平成15年7月に妹のグリと一緒に我が家の一員に.。 平成25年1月12日天使になる。享年9歳