2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

雨の日は会えない 晴れた日は君を想う

Dsc_1840

「雨の日は会えない 晴れた日は君を想う」

新宿シネマカリテ


デイヴィス・ミッチェルは30代半ばで出世コースにも乗ったエリート銀行員。

美しい妻を持ち、上司であり義父でもあるフィルとの関係も良好、

苦労とは無縁な完璧な生活を送っていた。

しかし、ある朝車での出勤途中に突然の交通事故が彼を襲う。

車内には自分と妻の二人、デイヴィスは一命を取り留めるが、

妻がこの事故で命を落としてしまった。

本来なら妻の死に悲しみにくれるはずだが、

ディヴィスはどうにも哀しむことができない。

果たして自分は妻を愛していたのであろうか?

自問自答を続ける彼は、自分の心を整理する方法を考える。

そんな最中、フィルから「心の修理も車の修理も同じことだ。

まず隅々まで点検して、組み立てなおすんだ」

という言葉をかけられたディヴィスは、

身の回りのあらゆるものを分解し始める。

奇怪な行動に周りの反応は半信半疑だが、

ディヴィス自身は心の解放を感じていた。

それと並行し、妻が亡くなった晩に病院の自販機の不具合から

業者に送った苦情の手紙を発端に、

顧客担当責任者のカレン・モレノと不思議な書簡がスタートしていた。

電話で話をし、遂には対面することになった二人。

カレンの息子で問題児のクリスとも交流を深めた

デイヴィスの心は少しずつ再生に向かっていくのだが・・・

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

アメリカ版「永い言い訳」かと思った。

妻を亡くして、悲しみも涙も流さない。

自分は妻を本当に愛していたのか?

自問自答しもがき苦しみ自分と対峙していく。

その中で、「破壊」というキーワードで彼は徐々に「再生」していく。

彼を取り巻く登場人物がいる。

それは心の支えにもなったろうし、変化ももたらしたのだろう。

先日観た「素晴らしきかな人生」にも言えるかもしれないが、

大切な人を失ったとき、立ち直るのは結局は自分次第なのだ。

もちろん人間は独りぼっちでは生きていけない。

たくさんの助けがあって生きていける。

その助けや支えを純粋に受け止めることで

人は立ち直ることができるのだ。

屁理屈や強情を張っていても自分を削るだけ。

目の前の置かれている現実が認知できるまで時間はかかるかもしれないが

きっと解決できるのだ。

それは、わたし自分自身に言い聞かせている教訓かもしれない。

デイビスは、妻との関係のあったものをことごとく壊していった。

ある種病的だし、子供返りのようにも見えた。

最後邦題のタイトルの言葉の意味がわかり、ちょっとほろっとしました。

私も、家じゅうの皿という皿をぶちまけた時がありました(笑)

ぶちまけた後の掃除と床の傷で我に返るんですけどね(笑)

すっきりしましたよ。その後、ぜーんぶ新しい食器に替えてやりました。

これを書きながら・・・

昨日、大変ショッキングなニュースが飛び込んできた。

今まだ解決していないので、うかつなことは言えないので差し控えるけど。

ただ、今残された人たちのことを考えるととてもいたたまれない。

何もできない自分だけど、ただただ祈っている。

野火

映画 「野火」 上映会

基本的に私の映画の好みは

暴力とかアクションものとかホラーとか痛いとか気持ち悪いとか

は好んでは見ません。

やっぱり、笑ったり、幸せな気持ちになったり、前向きになったり

よっしゃーってがんばれたりハッピーエンドな物語が好きです。

テーマ性のあるドキュメンタリーものも考えさせられたり、発見があるので

好きです。

そんな中でも、戦争映画もあまり好んでは見ていませんでした。

そして、先日3月18日に富士市の交流プラザで行われた

Fuji映画館復活プロジェクトによる上映会

「野火」を見に行きました。

Dsc_1781

Dsc_1778

実はこれは前にもみたことがあるので

2回目です。

それだけ衝撃的で心揺さぶられる映画だったからです。

「野火」 

監督 : 塚本晋也

story

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。

日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、

部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。

しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、

少ない食料しか持ち合わせていない田村は早々に追い出され、

ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。

そしてはてしない原野を彷徨うことになるのだった。

空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、

田村が見たものは・・・

公式HP http://nobi-movie.com/

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

劇中には、激しい戦闘爆撃シーン、おびただしい死体の山

人肉の血 蛆、ハエ、兵隊たちの真っ黒い顔、

ぎらぎらとした目

そして、フィリピンの青い空

極限状態の人間の追い込まれる姿は

見ている私たちもまるでそこにいるかのような

バーチャルな気分に沸き立つ。

当日会場の音響を塚本監督自らセッティングをしていたというだけ

あって、音響もとても迫力のある体感ができた。

一緒にいた友人は、においを感じたといっていた。

なるほど、そうかも。



私の母方の祖父はフィリピン前線に行っていたと聞いたことがある。

おじいちゃん、という思い出はなく、

ものごころついたときにはすでに

脳梗塞で寝たきりで話もできなくなって

ただ怖くて私は近寄れなかった。

そんなんで幼心に母の実家に行くときはあまり楽しみというよりは

気が重かった。

確か、小学校1年か年長の時に祖父は亡くなった。

(同い年のいとこときゃっきゃっと遊んでいたのを覚えてる)

そののち母親から、おじいさんの戦争に行っていた話、

その後の貧乏で大変な生活苦を聞かされていたが

(母は今でも恨み節のようにそのことを話す)

どれも子供の私はピンとくるものがなかった。

わたしは幸せなことにそんなに苦労することなく、今まで

のほほんと大きくなってしまった。

情けないことに、ことの重大さに気が付くのはいつも後からだ。

こんないい大人になってから

我が国はどこにむかっているのだろう?と

危機感がつのってきた。

そんな矢先のこの「野火」という映画を知った。

パンフレットで監督もおっしゃっていたが、

キャストに、リリーフランキーさん、マニッシュボーイズの中村達也さんが

出演されているということでパッと目についた。

とくに中村達也さんに注目していた矢先だったので

これは見たい!興味本位で思っていたのだ。

きっとそんな観客がたくさんいたんだと思う。

実際にこの映画を見たら度肝を抜かれた。

そうだ、戦争はこういうことなんだ。けっしてきれいごとではない

前線で戦った何千何万という男たちがこうしていたことを

忘れてはいけないのだ。

_20170318_234502

上映が終わった後、塚本監督のトークイベントがあり

監督も、実際に戦争経験者がどんどん高齢化していき

この映画を撮る前にインタビューしていた方も90歳を超えて

公開前に亡くなってしまったという。

今記録として残しておかねばならぬと監督自身も危機感を

覚えたとおっしゃっていました。

質疑応答も含めて監督は本当にひとつひとつ丁寧に

お話ししてくださいました。

映画「沈黙」の時のお話も少しありました。

とてもいい上映会でした。

サインもいただき、とても満足した時間でした。

Img_20170318_174735_078


上映前に近くをぶらぶらしてたら、懐かしい都まんじゅうのお店が

ありました。

できたてあったかほかほかをいただきました(^_-)-☆

ホワイトデーの夜

気にはなっていたが、どうだろう?と躊躇していた映画

「マリアンヌ」

もう今週の金曜日で終わってしまうので、仕事終わりタイムカードを打ったら

即効映画館へ直行しました。

17:40 開演

ブラッドピット、マリオンコティヤール

とくにマリオンの美しさには観客もきっとブラピも魅了されたに違いない。

(事実ブランジーナは離婚してしまった・・・いや関係ないか)

運命に翻弄された二人の結末はとても悲しいものだけど

とても素敵なラブストーリーでした。

Img_20170314_202036_541

Dsc_1735

帰り、お腹が空いたのでロイホに入りました。

お食事にしたかったけど、

どうしてもまたこれが食べたくて

苺ブリュレだけにしました(泣)

あ~映画の余韻に浸りながらパフェを食べるなんて

なんて幸せでしょう~

ホワイトデーの夜、

ひとりでもさみしくないもん♪

素晴らしきかな人生

Dsc_1722

う~ん、

ちょっとがっかり。

LIVE

Img_j2q58u


Dsc_1706


Dsc_1705

不思議な存在

ツダイ~ン 

みぞみぞする~

«デヴィッド・ボウイ大回顧展

chacha

  • 20130113_083619.jpg
    平成15年7月に妹のグリと一緒に我が家の一員に.。 平成25年1月12日天使になる。享年9歳